カテゴリー:ヒフミド
ホームPage 1 / 11

 

そろそろ乾燥が特に気になる季節になってきました。

 

肌の乾燥対策には保湿。

「保湿に効果的なのはセラミドを補うこと」というのは、ここ数年で多くの人が知ることとなりました。

 

もともとセラミドは、肌の一番表面にある角層に存在するものなので、スキンケア化粧品で簡単に補うことができ、効果も実感しやすいものです。

 

つや子
つや子
プチプラなスキンケア化粧品にも配合されることも多いし、セラミドはとてもメジャーな成分になったよね。

 

中でもセラミド化粧品の先駆けであるヒフミドは、人の肌に存在するセラミドと似た構造のヒト型セラミドを高配合ということで、セラミドケアをしたい人には人気です。

 

でも、年齢肌世代の私たちにとって、スキンケア化粧品に求めることは、保湿だけではありませんよね。

肌の悩みは、毛穴やくすみ、たるみ、しわ・・・、年々増えてしまいがち。

保湿だけでなく、年齢肌の悩みを解消してくれるスキンケア化粧品が欲しいですよね。

 

そこで、ヒト型セラミド配合のヒフミドは、毛穴の悩みを解消してくれるのか?

毛穴の目立つ原因ごとに、私の実体験も交えつつご紹介します。

 

この記事の続きを読む

 

私は、ヒフミド愛用者です。

化粧品を試すのが好きなので、どうしても他の化粧品をライン使いしたいときは、お休みですが、ヒフミドのエッセンスクリームはレギュラーです。

 

ヒフミドとは、小林製薬さんが販売しているスキンケア化粧品で、「ヒト型セラミド」を配合しているのが特徴です。

 

今では「セラミドケア」という言葉があるくらい、セラミドがメジャーな保湿成分となりました。

中でも、ヒト型セラミドは、肌にもとからあるセラミドに近い構造をしていて、肌への浸透が良く最強の保湿成分ともいわれています。

 

そんなヒト型セラミドを配合したヒフミドは、「保湿してくれるスキンケア化粧品」ということが想像できますよね。

 

でも、我々40代以降の肌の悩みは、乾燥だけではありません。

シミにシワにたるみと、盛り沢山。

 

ヒフミドは、ただ保湿してくれるだけのスキンケア化粧品なのか、バリア機能を回復させたり、エイジングケアには向いてないのかなど、検証していきます。

この記事の続きを読む

ホームPage 1 / 11