グリセリンフリーのスキンケアを始めると、油田のように湧き出ていた皮脂の分泌が減ったり、毛穴の開きが目立たなくなることがあります。

 

今までの肌の悩みが改善して嬉しい反面、グリセリンフリーは、肌が乾燥するという新たな悩みが登場することも。

 

グリセリンは、安全性が高く優れた保湿剤です。

そのグリセリンを配合しないスキンケアをするのですから、肌が乾燥しやすくなるのも当然なわけです。

 

けれど、保湿は美肌の基本です。

せっかく毛穴は目立たなくなったのに、グリセリンフリーをすることで、肌が乾燥しカサカサ、ピリピリ、外部からの刺激に負けてしまう肌になっては、本末転倒ですよね。

 

つや子
つや子
保湿最強成分と言えばセラミドよね。セラミドを配合したスキンケア化粧品を使えば、効果的よね。

 

つや子
つや子
あっ、コレもだめ。こっちもだめだ、グリセリンが入ってる。どうすればいいんだろ。

 

美肌さん
美肌さん
もしかして、成分表示を見て、グリセリンが入っているかどうかだけ見てない??

 

つや子
つや子
うん、そうだけど・・・。

 

美肌さん
美肌さん
それはもったいないわ!見るべきはグリセリンが入っているかどうかだけじゃないのよ。

 

保湿成分最強と言われるセラミドですが、同時にグリセリンが配合しているのがほとんど。

加齢とともに減っていくセラミドを補う方法はあるのでしょうか。

グリセリンフリー実行中の私の方法をご紹介します。

この記事の続きを読む