カテゴリー:化粧品の成分
ホームPage 1 / 212

テカりと毛穴の開きが、私の長年の悩みでした。

 

テカりに関しては、メイクしたそばからジワジワ皮脂の分泌により、Tゾーンがテカりはじめ、しばらくすると頬もテカりだす始末。

 

その皮脂は、30歳を超えても衰えることも無く、収れん化粧水や、テカり防止の化粧下地の効果を蹴散らす私の皮脂は、寒い寒い冬も健在。

 

 

そんな年中テカりに悩んでいた私が、そこそこマットな肌を手に入れることができたのは、グリセリンフリーのおかげです。

 

特に私の場合は、化粧水をグリセリンを含まないものにすると効果てき面!

途中ティッシュでTゾーンを軽くおさえるだけで、一日マットな肌でいられるようになりました。

 

化粧水はグリセリンが入っておらず、とろみがなくシャバシャバと水のようなものであれば、テカらずにすむとわかってきました。

 

そして次に思ったのは、そんな化粧水をできるだけお手頃価格で手に入れたい、ということ。

スキンケアは毎日のことですから、安全かつ安いと嬉しい。

 

ということで、今まで使っていたHABAさんの化粧水Gローションと、より価格の安い松山油脂さんのMマークのアミノ酸浸透水を比べてみることにしました。

 

すると驚くことに、注意すべきはグリセリンだけではないということに気が付きました。

 

この記事の続きを読む

グリセリンが入っている化粧品は肌に悪いですよ!

そんな風に言われたら、どうします?

 

「いやいや、そんなこと言われても困る。っていうか無理だから!!」

こんな風に思った人は、おそらく化粧品を買う時に、成分もきっちり見てから買う人ですね。

グリセリンフリーなんていうのもありますし。

グリセリンは本当に肌に悪いのでしょうか、調べてみました。

この記事の続きを読む

美肌になるために、避けられがちな合成界面活性剤。

でも、「洗浄を目的にした界面活性剤でなければ、心配しなくて大丈夫」ともいわれています。

同じ界面活性剤なのに、なぜなんでしょうね?

 

化粧品に界面活性剤はつきものですが、なぜ洗浄を目的としない界面活性剤は心配いらないのか、簡単な実験で検証してみました。

 

この記事の続きを読む

石油由来の成分は、嫌いじゃないですか?

 

合成界面活性剤に、おびえていませんか?

 

「○○不使用」の化粧品選びに疲れていませんか?

 

そんな方に読んで頂きたい、今日のお話。

 

この記事の続きを読む

ホームPage 1 / 212