カテゴリー:美肌になる食べ物
ホームPage 1 / 3123
抗糖化!たったこれだけで焼き色のついたお肉も安心して食べられる。

糖化を防ぐことが、肌のエイジングケアには大切だと言われています。

 

その為には、糖質の取りすぎに気を付けたり、調理方法も焼き色が付いた食べ物よりも、茹でたり蒸したりした方が有効だと言われています。

 

でも、こんがり焼けたお肉、食べたいですよねぇ(^^;)

 

つや子
つや子
食べたいっ。食べたいです。

 

美肌さん
美肌さん
こんがりとした焼き色は、見た目だけでなく、香ばしくて美味しさの要素の一つよね。

 

今日は、こんがりと焼けたお肉を罪悪感なく食べられる方法をご紹介します。

 

この記事の続きを読む

 

肌の保湿にはセラミドという保湿成分を補うことが大変有効です。

 

その理由は、

セラミドがもともと肌にある成分でなじみが良い。

セラミドが存在するのは、肌の一番表面にある各層で、スキンケア製品でケアしやすい。

からです。

 

では、そのセラミドは、食べ物から補うことはできないのでしょうか?

 

敏感肌で肌に合う化粧品が見つからない、肌断食をしている人にとって、食べ物で肌のセラミドを増やせるとうれしいですよね。

 

また、肌のセラミドは加齢によって減っていくので、日ごろからセラミド配合のスキンケアを取り入れている人にとっても、食べ物で肌のセラミドが増えるのはメリットです。

 

でも、セラミドを多く含む食べ物を食べても、肌のセラミドは増えないって聞いたことがあるよ。

 

美肌さん
美肌さん
あら、生芋こんにゃくは、肌のセラミドを増やすって噂よ?

 

つや子
つや子
ええぇーーっっ

 

セラミドを多く含む食べ物の代表格、こんにゃく。

 

生芋こんにゃくは、肌のセラミドを増やすことができるのでしょうか。

また、一日に生芋こんにゃくをどのくらい食べれば、肌のセラミドを増やすことができるのでしょうか。

 

この記事の続きを読む

 

毎日の食事でたんぱく質をしっかり摂ることが、健康や美容の面だけでなく、心にも大事だということを、こちらで紹介しました。

たんぱく質は筋肉を作るだけじゃない!幸せになりたいなら肉を食べろ!

 

茹で卵や、温泉卵、サラダチキンなどは、時間のない朝ごはんの時にも、簡単にたんぱく質を補うことができるので、我が家の冷蔵庫には常備してあります。

 

サラダチキンは、スーパーやコンビニでも買うことができますが、家でも作ることができます。

 

ですが、

 

どうも私がサラダチキンを作ると、そんなにしっとりジューシーにはできないのです。

作りたては、まだいいのですが、自家製サラダチキンを冷蔵庫に入れてしまうと、固くなってしまうんです。

 

上手にしっとり柔らかなサラダチキンが出来ないので、市販のサラダチキンを買っていました。

 

でも、節約食材の定番、鶏むね肉。

つや子
つや子
自家製サラダチキンの方が、安いよね。

 

 

私のズボラが役立ち、しっとり柔らかジューシーなサラダチキン~冷蔵庫に入れても固くならないよ~を作ることに成功しました。

 

この記事の続きを読む

 

お肉をしっかり食べましょう!

 

たんぱく質をたっぷりと摂り、運動と合わせることで、ダイエット効果があります。

「筋肉ダイエット」とかテレビで見かけますよね。

 

また、肌や髪を作っているのは、たんぱく質ですから、お肉をしっかり食べることを推奨されるのも納得ですよね。

 

つや子
つや子
昔は、お肉はダイエットの敵、美容には野菜や果物が必須って感じだったのにね~

 

数年前はスーパーフードと言った、ビタミンやミネラルが豊富なものが、注目された時もありましたね。

 

もちろん、食事はバランスよく食べるのがいいのであって、野菜などに含まれるビタミンやミネラルが不要なわけではありません。

 

野菜不足、カルシウムや鉄分不足の自覚がある人も多く、野菜ジュースやサプリで補う方法もあります。

 

けれど、意外と気が付かないのが、たんぱく質不足。

 

つや子
つや子
え?毎日お肉や魚食べてるけど。

 

 

美肌さん
美肌さん
毎日食べているだけに、不足してることに気が付きにくいのね。

 

実はたんぱく質をしっかり摂ることは、体系維持だけでなく、キレイで幸せな毎日を送ることに必要らしいです。

たんぱく質と幸せの関係と、どのくらいたんぱく質を摂ればよいか、簡単な目安をご紹介します。

この記事の続きを読む

ホームPage 1 / 3123