テカりが気になりませんか?

皮脂が多くて困っていませんか?

 

Tゾーンがテカテカ&ベタベタする人、あぶら取り紙で皮脂を取る前に、テカりの原因である皮脂がたくさん出る原因を考えてみませんか?

 

皮脂はこうして分泌されます

皮脂はどこから出てくるの??

皮脂は皮脂腺から出てきます。

その皮脂腺は、毛根を包んでいる毛包にくっついています。

皮脂腺は脂腺細胞の集まりで、脂腺細胞の中で脂質が合成されます。

その後、脂腺細胞は破れて、毛包内に皮脂が分泌されます。そして、毛を伝って肌の表面に出てきます。

 

皮脂って何でできているの??

脂質だけでなく、塩化ナトリウムやたんぱく質、スクアレン、破れた脂腺細胞なども含まれます。

 

 

皮脂の役割は??

汗などと混ざって、肌表面に皮脂膜を作ります。

 

そして野の皮脂膜は、

  • 肌表面を弱酸性に保つ
  • 肌や毛髪をなめらかに保つ

バリア機能としては大きくはないけれど、役には立っているようです。皮脂があまり出ないところはカッサカサになるし。

 

 

1日にどれくらい皮脂は出るの??

個人差は大きいものの、大体1~2gくらいだそう。

 

 

あれ??皮脂って歳とると減るんじゃなかったけ???

皮脂の分泌のピークは20歳代と言われています。女性の場合、30歳前後から徐々に減り、更年期になると、大きく皮脂の分泌が減ります。

 

 

( ̄д ̄) 「ん?、私40歳にして、まだまだテッカテカですけど??」

 

そう、今皮脂が多くて困ってるんですよ・・・。ここ数年はあまりテカりも気にならなかったんですけどねぇ。なんでやっ

 

まあ、何か原因があるんでしょ。

 

 

 

皮脂がたくさん出る原因

 

全くないのも困るけど、出すぎるのも困る。それが皮脂。

考えられる原因を、上げていきたいと思います。

 

オイリー肌だから

もともとの肌質が皮脂の分泌が多い。

 

 

肌が乾燥しているから皮脂の分泌が増える

  • クレンジングや洗顔での洗いすぎ
  • 保湿不足
  • 乾燥したまわりの環境

などで、肌が乾燥しバリア機能が低下すると、それをカバーするべく、皮脂の分泌が盛んになります。

 

 

皮脂の分泌を誘発する食べ物のとり過ぎ

  • 中性脂肪になりやすい食事

皮脂の主な成分は中性脂肪(トリグリセリド)です。

脂肪や糖分の多い食事をとると、消化されて中性脂肪として血液に取り込まれて、エネルギーとして使われたり、余った分は蓄えられます。

 

脂肪や糖質の多い食事をとり続けると、血中の中性脂肪が多い状態が続き、皮脂の生成も盛んになります。

 

ちなみに中性脂肪になりやすい食べ物は・・・

  • 動物性脂肪の多い食べ物(バターや生クリームなどの乳製品、卵、脂肪の多い肉類)
  • 砂糖や果糖を多く含む食べ物
  • アルコール類

 

「体は食べたもので、できている」といいますけれど、皮脂も例外ではないってことですな。

 

 

  • 血糖値を急上昇させる食品

血糖値が上昇すると、インスリンが分泌されます。そのインスリンは皮脂腺を刺激してしまうので、結果として皮脂の分泌が多くなります。

 

インスリンを急上昇させる食べ物はこちら

  • 小麦や白米
  • 砂糖を多く含む食べ物
  • じゃがいも など

 

 

皮脂の分泌をコントロールする栄養素が不足している

  • ビタミンB2   皮脂の分泌を適正にコントロールする
  • ビタミンB6        ビタミンB2と協力して皮脂の分泌を調整する。
  • ビタミンC    皮脂の分泌を抑える。皮脂の酸化を防ぐ。

 

 

 

ストレスで皮脂の分泌が増える

ストレスに対抗するため、コルチゾールというホルモンが分泌されます。コルチゾールは皮脂の分泌を促します。

また、ストレスによって交感神経が優位に立つと、男性ホルモン(アンドロゲン)の分泌も増えます。このアンドロゲンも皮脂の分泌を促します。

 

ちなみに、ここでいうストレスとは、「イライラ」するといった精神的なことだけではありませんよ。睡眠不足や、急激な寒暖差、パソコンやスマホの長時間使用による眼精疲労など、体に負担のかかる全てです。そう、こんなブログを読んでいる場合ではないのですよ。

 

 

睡眠不足で皮脂の分泌が増える

深い眠りのノンレム睡眠時には成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは、ストレスや疲労の回復をしてくれます。

睡眠不足で、ストレスなどの回復がうまくいかないので、皮脂の分泌の増加につながります。

 

寝る前のスマホのブルーライトが、良質な睡眠の邪魔になるっていいますよね。

今私の睡眠に影響を与えているのは、ワールドカップ。見たい試合が沢山あるし、夜中にあるのは録画してみるんですけどね。やっぱりスポーツはリアルタイムで見たい。12時くらいに終わる試合は、リアルタイムで見るんですけど、まあ~、寝れない。おばさん、テンション上がっちゃって。試合終わってもなかなか寝付けない。

でも、4年に1回やし。いいよねってことで。

 

 

 

ホルモンバランスの乱れが原因で皮脂の分泌が増える

先ほども触れましたが、ストレスで交感神経が優位に立つと、男性ホルモン(アンドロゲン)が増え、皮脂の分泌が増えます。

 

また、女性の場合、排卵日を境に黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌がふえます。この黄体ホルモンは、男性ホルモンと似た働きがあるので、皮脂の分泌が増えます。

 

 

あぶら取り紙などで頻繁に皮脂を取り除く

「あら、テカってる~」と頻繁に、あぶら取り紙で皮脂を取ると、かえって皮脂が増えます。

肌表面の皮脂が、ある一定量になると、皮脂自体が皮脂腺に圧をかけて、皮脂の分泌を抑えるようになるのだそう。これを飽和皮脂量といいます。

ですから、皮脂を取れば、また一定量になるまで皮脂が分泌されます。

 

 

ということはですよ、ファンデの仕上げに、パウダーたっぷりで仕上げるのも良くないのかな?なんて思ってみたり。

でも、皮脂が出てて、ほったらかしにしといたら、もっとテカってくるよね??

いずれにせよ、私の肌の飽和皮脂量はめっちゃ多いか、このシステム自体無いか、つぶれているのかもしらん。

 

 

 

テカりの原因、皮脂の分泌を抑える為にできること

 

サラサラな肌を手に入れるためには、皮脂の分泌を抑えなければいけません。

 

皮脂の分泌が増える原因を、いくつも上げてきました。肌が乾燥しているなら、スキンケア化粧品で保湿する必要があります。油分のあまり多くない物で、快適にケアしたり。

 

でも、皮脂は自分の食べたものでできていて、皮脂分泌の増加の主な原因はホルモンです。

自分の生活と切り離せないわけです。テカりを抑えたければ、皮脂を増やす食べ物を控えたり、ホルモンバランスが乱れないよう、充分睡眠をとる必要があります。

 

肌のことは、ついついスキンケア化粧品で何とかしようと思うんですけど、化粧品だけでは解決できないこともあるんですよね。

それも、なんとなくですけど、歳を重ねるごとに増えてるような気がします。

個人的には、色々と見直す時期なのかなと思ってます。