テカりと毛穴の開きが、私の長年の悩みでした。

 

テカりに関しては、メイクしたそばからジワジワ皮脂の分泌により、Tゾーンがテカりはじめ、しばらくすると頬もテカりだす始末。

 

その皮脂は、30歳を超えても衰えることも無く、収れん化粧水や、テカり防止の化粧下地の効果を蹴散らす私の皮脂は、寒い寒い冬も健在。

 

 

そんな年中テカりに悩んでいた私が、そこそこマットな肌を手に入れることができたのは、グリセリンフリーのおかげです。

 

特に私の場合は、化粧水をグリセリンを含まないものにすると効果てき面!

途中ティッシュでTゾーンを軽くおさえるだけで、一日マットな肌でいられるようになりました。

 

化粧水はグリセリンが入っておらず、とろみがなくシャバシャバと水のようなものであれば、テカらずにすむとわかってきました。

 

そして次に思ったのは、そんな化粧水をできるだけお手頃価格で手に入れたい、ということ。

スキンケアは毎日のことですから、安全かつ安いと嬉しい。

 

ということで、今まで使っていたHABAさんの化粧水Gローションと、より価格の安い松山油脂さんのMマークのアミノ酸浸透水を比べてみることにしました。

 

すると驚くことに、注意すべきはグリセリンだけではないということに気が付きました。

 

まず最初に、「グリセリンは悪くない!」

さんざん、「グリセリンが私のテカりの原因」と述べといて今さらですが、グリセリンは悪い成分ではなく、逆にとても優秀な保湿成分です。

グリセリンはほとんどの化粧品に配合されていて、安全性も高い成分と言われています。

 

けれどグリセリンに限らずですが、安全性が高いといっても、「肌に合わない」という人がいるわけです。

グリセリン配合の化粧品を使うと、肌に吹き出物が出る、テカる、毛穴が開く、という方が結構いらっしゃるのも事実。

 

つや子
つや子
そういえば、グリセリン配合の化粧水を使っても、テカって見た目に良くないだけで、かゆみが出たり吹き出物が出ることは無かったよね。

 

美肌さん
美肌さん
安全であることと、見た目よく整えることは、また別のことなのね。

 

 

HABAのGローションとMマークのアミノ酸浸透水の成分を比較

私にとってHABAのGローションが、皮脂をコントロールするには一番頼りになる化粧水でした。

けれど、よりお手頃価格のプチプラ化粧品の中にも、グリセリンフリーのものがあるので、ちょっと試してみました。

 

選んだのは松山油脂Mマークのアミノ酸浸透水。

 

もっと低価格のものもあったのですが、パラペンなど肌に刺激になることがある(なるときがある)成分が入っていない、Mマークのアミノ酸浸透水にチャレンジ。

 

 

では、それぞれ成分をご紹介します。

 

HABA Gローションの成分
水、BG、チシマザサ水、ペンチレングリコール、海塩、ヒアルロン酸Na、コンドロイチン硫酸Na、褐藻エキス、グリチルリチン酸2K、オウゴンエキス、ムラサキ根エキス、加水分解ダイズタンパク、コハク酸、塩化Al、クエン酸、クエン酸Na

 

Mマーク アミノ酸浸透水の成分

水、BG、ベタイン、1,2-ヘキサンジオール、ソルビトール、プロリン、グリシン、PCA-Na、乳酸Na、クエン酸、クエン酸Na

 

美肌さん
美肌さん

化粧水は主に、水(精製水)と水溶性の保湿成分など、水性成分でできているの。

その他には香料やPh調整剤、防腐剤などが微量に配合されるわ。

油性成分を配合する場合は、あわせて界面活性剤も配合されることが多いわね。

 

つや子
つや子
Gローションとアミノ酸浸透水を比べると、最初の水とBGは同じね。

 

 

BGは、グリセリンと同じく多価アルコールの一つで、保湿剤として配合されています。

ただし、グリセリンほどの高い吸湿性・保湿性はなく、ベタつきが少ない成分。

 

ちなみに「多価アルコール」ですが、一般的に吸湿性と保水性を持つ成分で、アルコールとしてイメージしやすいエタノールとは、全く別の性質のものになります。

 

Gローションに配合されている、ペンチレングリコールや

Mマークに配合されている、ベタイン、1,2-ヘキサンジオール、ソルビトールも多価アルコールです。

 

HABA GローションとMマーク アミノ酸浸透水を実際に使ってみて

メインの保湿成分はBGで、ベタつきの無い成分のおかげか、どちらもとろみは無く、シャバシャバと水のような感じです。

 

HABA Gローションの使用感

Gローションは5回重ね付けをするのが基本となります。

バシャバシャと重ねても、決してベタつくことはありません。

しっとり感はほとんどありませんが、純粋に水分が補給された感じで、まさに「潤った」感じがします。

ただし、このローション1本でスキンケアOKというわけではなく、油分の補給が必要です。

 

Mマーク アミノ酸浸透水の使用感

シャバシャバな化粧水にしては、結構しっとりします。

肌なじみも良くて、ベタつかないのにしっとり、なんてすばらしい。

 

グリセリンフリーは、保湿力の高いグリセリンを使わないわけなので、乾燥しやすいという側面もあるんです。

 

でも、アミノ酸浸透水ならベタつかないのにしっとりするので、冬の乾燥しがちな季節には心強い化粧水。

しかも安い!

Gローションは1944円に対し、アミノ酸浸透水は972円と約半額。

(2019年9月現在)

 

つや子
つや子
わーーーっ、すごい、すごいっっ

 

ものすごくテンションが上がったんですけどね・・・。

 

3日後。

 

美肌さん
美肌さん
どうしたの??

 

 

つや子
つや子
グリセリン配合してないのにテカるんだけど、なんで??

 

プチプラでしっとりするのが好印象だったMマーク アミノ酸浸透水、使って3日後、テカりはじめたのです。

 

グリセリンフリーでシャバシャバ系化粧水なのに、なぜ・・・。

 

グリセリンフリー、注意すべきはグリセリンだけじゃない??

Mマーク アミノ酸浸透水は、グリセリンを配合していないのに、どうしてテカってしまうんだろう・・・。

使用感が良かっただけに、とても残念に感じました。

 

つや子
つや子
せっかくグリセリンフリーのプチプラ化粧水なのに・・・。

 

グリセリン低濃度の手作り化粧水と、グリセリンフリーのアミノ酸浸透水の使用感が似ている??

実は、Mマーク アミノ酸浸透水を使ったとき、あれ?っと思うことがあったんです。

 

私はグリセリン配合の化粧水を使うと、高確率でテカるし、使い続けると毛穴も開きます。

化粧水以外は、グリセリン配合のものを使っても、大丈夫なこともあるので、もしかしたら化粧水も、グリセリンの配合割合が少なければ大丈夫かな?と思い、実験をしたことがあります。

 

ドラッグストアでグリセリンを購入して、ボトルに水と合わせて、手作りの化粧水を作ってみました。

水100mlにグリセリン小さじ1/2、濃度にして約2.5%のものです。

 

手作り化粧水の作り方を調べると、水に対してグリセリンの濃度は5~10%と紹介されることが多く、私の作った化粧水は、ずいぶんグリセリン濃度の低いものです。

 

とろみは無く、水のようにシャバシャバな化粧水で、顔に付けるとべたつかないのにしっとりします。

でも、3日ほど使い続けると、テカりがひどくなり、毛穴の開きが気になるようになり出したので、顔への使用は中止。

 

グリセリン濃度が低い手作り化粧水と、今回試したMマーク アミノ酸浸透水を肌につけた時の感じが、とても似ていると感じました。

なので、ちょっとだけ嫌な予感はあったんです。

 

注意すべきは保湿剤の吸湿性ではないだろうか?

多くの化粧水の成分を見ると

「水、グリセリン、・・・・、・・・・・、・・」

となっていることが多いようです。

 

グリセリンを使わない化粧水は、グリセリンの代わりにBGやベタインなどが代わりに配合されているようです。

 

つや子
つや子
グリセリンの代わりに配合されている成分にも、私の肌をテカらせ毛穴を広げる原因があるのかもしれない・・・。

 

そこで、配合されている保湿成分の事を、少し調べてみました。

 

気づいたのは「吸湿性の高さ」です。

 

吸湿性があるから保湿成分として成り立っているわけですが、グリセリン同様にMマーク アミノ酸浸透水に含まれるベタインは高い吸湿性があるようです。

ソルビトールもグリセリンより劣るけれど、BGより吸湿性が高い。

また、PCA-Naも湿度によっては、グリセリン以上の吸湿性を持つそうです。

 

 

アミノ酸浸透水は吸湿性の高い成分を、Gローションよりも多く配合している。だから、グリセリン配合の化粧水のように、テカりや毛穴が気になるようになったのではなかろうか。

※あくまで私の推測です。

 

私、すごく汗かきなので、肌から出る水分も多くて、それを吸湿性で逃さず、肌に必要以上にとどまりすぎてベタついたりしてるのかな?

逆に高い吸湿性で、肌の水分をとって乾燥させて、それを皮脂を分泌することでカバーしようとしているのかな?

 

まあ、考えたところで正解がわからないのですが、吸湿性の高い保湿成分が多く配合される化粧水は、私の肌と相性が悪いのだと思います。

 

最後に、すっかりアミノ酸浸透水が悪者になってしまいましたが、そんなことはありません。

グリセリンフリーの化粧品を使うと、どうしても肌が乾燥しがちですが、アミノ酸浸透水は肌がしっとりするので、口コミも好評です。

プチプラでお財布にも優しく、肌に合わなかったのが非常に残念だった化粧水です。

 

ということで今回は、グリセリン配合でなければ、なんでもOKではないんだな、という体験談でした。