日本人はお風呂が好きですよね。

 

毎日湯船にお湯をためて、ゆっくり浸からないと、お風呂に入った気がしないという方も多いです。

入浴剤の種類の多さも、いかに日本人がお風呂好きかを表しています。

 

でも、その毎日ゆっくりお風呂に入っていることが、肌にダメージを与えているかもしれません。

美容のためのお風呂の入り方も、併せてご紹介します。

ゆっくりお湯につかることは、メリットだけではない

つや子
つや子

お風呂でゆっくりお湯につかると、疲れも取れるし、気持ちいいよね。

それに、体を温めることは大事でしょ?

 

お風呂をシャワーだけで済ませるより、湯船でお湯につかる方がいいと、よく言われますよね。

お湯につかると、体も温まるので血行も良くなりますし、体もほぐれてリラックスできますし、メリットもいっぱい。

 

でも、残念なことにデメリットもあるようです。

 

お湯にゆっくり浸かることで、バリア機能が低下

顔を洗う時、熱いお湯で洗ってはいけないと、色んな記事でご紹介してきました。

熱いお湯は、それなりに洗浄力があって、皮脂や角質細胞、バリア機能の保持には欠かせない細胞間脂質も洗い流してしまうからです。

ですから、顔を洗う時の温度は32℃くらいが良いと言われています。

 

顔と体では、肌の表面の角層の厚さはちがいますが、お湯にゆっくり浸かれば、当然体の角層もふやけてしまいます。

 

角層がふやけてしまうと、バリア機能が低下し、外部からの刺激に弱くなり、肌の内側の水分も蒸発しやすくなります。

そうなると、カサカサと肌は乾燥し、外部からの刺激で痒みを感じるようなることも。

美肌とはちょっと言いづらい・・・。

 

追い討ちをかける「洗う」という行為

お風呂に入るのは、お湯につかるためだけではありませんよね。

体や髪の毛を洗って、清潔にすることも、目的の一つ。

 

美肌さん
美肌さん
ふやけた角質を、石けん付けて、ゴシゴシこすったらどうなると思う??

 

つや子
つや子
いっぱい角質とれちゃう・・・。

 

とれるのは角質だけではありません。

肌に存在する、常在菌にも影響するのです。

常在菌は、肌の潤いをキープしたり、アレルギー物質から肌を守るのに、一役買っています。

けれど、毎日ゴシゴシ体を洗っていると、常在菌が繁殖できなくなると言われています。

 

つや子
つや子
お風呂に入ることは、肌にはなかなか過酷なのね。

 

美容に良いお風呂の入り方

つや子
つや子
温かいお風呂は気持ちいいから、いい方法は無いの?

 

メリットも多いお風呂、肌に負担にならないお風呂の入り方は、無いのでしょうか?

 

美肌さん
美肌さん
体の洗い方や、お湯の温度、浸かる時間を工夫すればいいのよ。

 

体を洗う時は手で、なでるように洗う

タオルやスポンジでなく、石けんやボディーソープを泡立てて、手で洗うなでるように洗うのがベター。

顔と同じでこすらない、ということですね。

 

体が乾燥するから、保湿成分の入った入浴剤を使う方もいますが、それ以上にどのように体を洗うかが大事です。

 

また、肌のコンディションによっては、体全体を洗うのでなく、皮脂の分泌の多い、背中や胸の真ん中や、陰部、足の裏だけにとどめるのも、乾燥を防ぐポイントだそう。

 

お風呂のお湯の温度は39℃くらい 

肌のためには、熱いお湯は避けた方がいいようです。

また、体にとっても41℃以上は、心臓に負担がかかるとも言われているそうです。

季節によっては、39℃では物足りない場合もありますが、あまり湯温を上げないよう、気を付けないといけませんね。

 

お湯につかるのはトータルで15分程度

お風呂場に色々持ち込んで、じっくりお湯につかる人もいますが、肌のためには15分くらいとどめておくのがいいようです。

 

つや子
つや子
15分もつかれば、しっかり温まるね。

 

ゆっくりお湯に使って、汗をかけば、体の悪いものが出ていき、体がスッキリした気がしますよね。

でも、汗をかくだけなら、体を動かして汗をかいた方が、エネルギーも消費しますし、筋肉が付けば、冷え性も改善しやすくなるので、一石二鳥です。

 

 

しかも、入浴後温まった体が、少しづつ冷めてきた時に眠りに入ると、質の良い睡眠がとれます。

眠る2時間前に、お風呂をすますとちょうどいいようです。

ですから、お風呂は早めに切り上げて、部屋でのんびり過ごす時間を作った方が、朝の目覚めはいいかもしれませんね。

 

何事もほどほどにしておくのが、お肌のため

お風呂に入ると気持ちいいですが、あれもこれもとお風呂に期待しすぎるのは、結果的に肌には、あまりよくないということですね。

お風呂の目的は「体を清潔にし、体を温める」こと。

色んなお風呂グッズがあって、試してみたくはなりますが、ほどほどに。

 

ずいぶん前に、テレビで女優さんが、ものすごくストイックに、お風呂に入る前、入ってから、上がってからと、全身色々ケアされてる話をされてたんですね。

オイルやブラシや、色んなものを使って、もちろん湯船にも長時間つかって。

 

人に見られる仕事で、美意識も高くて、めちゃくちゃ努力をされているんだなと、ビックリしました。

その努力には、素直にすごいなと思いました。ずぼらな私にはマネできないです。

 

でも、でもね。

やっぱり首やデコルテは、年相応な感じ。

それが悪いわけではありません。

 

ただ。

手をかければかけるほど、キレイになるってもんでもないんやな。

もしかしたら、そこまでせんほうが、きれいやったんちゃうかな?

とか、ちょっとだけ思いました。

 

その女優さん、いつまでたっても可愛らしいくて、私、好きなんですけどね。

 

何事もほどほどに、が良さそうですね。