「グリセリンは肌への刺激がほとんどなく、安全な成分です」

と言われる一方で、

「グリセリンが入っている化粧品は肌に悪いらしい。」

という意見も。

 

つや子
つや子
一体どっちだろね。

 

化粧品の成分において、「肌に良い」「肌に悪い」と両極端な意見が出ることは、そう珍しくはありません。

 

でも、グリセリンはほとんどの化粧品に配合される成分です。

そのグリセリンが肌に良くないとなれば、えらいことになります。

 

 

つや子
つや子
化粧品全部買い替えないといけないじゃない!!

 

美肌さん
美肌さん
ちょっとちょっと、落ち着いて、つや子さん

 

グリセリンは本当に肌に悪いのでしょうか、調べてみました。

グリセリンって肌に良いの?悪いの?どっち

 

いろいろと調べてみたこと、自分の経験も合わせてみると、

「グリセリンは安全性の高い成分だけれど、合わない人にとっては、美肌から遠ざける成分である。」

という結論に至りました。

 

 

グリセリンは肌に良いという理由

グリセリンってほとんどの化粧品に配合されてるよね。それなら安全な成分じゃないの?

 

主にグリセリンは保湿成分として、化粧品に配合されることが多いです。

化粧品以外では、グリセリン浣腸。あの中身はグリセリンです。

 

もっと身近なところでは、我々の皮脂の中。

グリセリンは、皮脂の成分でもあるわけです。

 

肌に元々ある成分を、肌に悪いと言われると、困りますよね。もう、どうしようもない。

 

困りますっ!!

 

ちなみに、グリセリンとはこんな成分。
三価アルコールの一つ。無色で甘味を有し、吸湿性をもつ粘りけのある液体。油脂の構成成分。医薬・化粧品・爆薬原料などに利用。グリセロール。
化学式はCH2(OH)CH(OH)CH2OH

 

 

そんな我々の肌に存在する成分が、肌に良くないと言われるにも理由があるんです。

 

グリセリンが肌に良くないといわれる理由

グリセリンが肌に良くない理由として、次の2つの理由がよくあげられます。

 

グリセリンは肌を乾燥させる
グリセリンは高い保湿効果もありますが、吸湿性もあります。

空気中の湿度が低い環境で、高濃度のグリセリン配合の化粧品を使うと、肌の水分をグリセリンが吸い取ってしまうので、逆に肌が乾燥してしまう、というのです。

 

グリセリンはニキビの原因になる
グリセリンはニキビの原因となるアクネ菌のエサになり、ニキビができやすくなるのだそう。

 

 

つや子
つや子
おぉ、なんだかグリセリンは肌に悪そう・・・。

 

美肌さん
美肌さん
でも、グリセリンで肌が乾燥するのは、グリセリンが高濃度に配合された場合よ。
それに、グリセリンがニキビの原因になるなら、ほとんどの人がニキビに悩むことになるわよ。

 

 

グリセリンが肌を乾燥させるのは、グリセリンが高濃度に配合された場合だけであって、市販の化粧品を使う場合は、特に問題ありません。

手作り化粧水を作る場合も、グリセリン濃度が5~10%にとどめれば大丈夫。

 

また、グリセリンが他の保湿剤に比べて、ニキビの原因になるという実験結果も出ていますが、それはシャーレ上でのこと。

 

実際の肌には、ニキビの原因であるアクネ菌以外の菌も存在しています。

シャーレ上の実験結果=実際の肌

とはならないのだそう。

 

 

つや子
つや子

確かに・・・。

じゃあ、グリセリンが肌に悪い理由なんてないじゃない?

 

 

美肌さん
美肌さん
いくら肌に刺激が少なくて安全という成分であっても、「合わない」という人もいるのよ。

 

 

グリセリンが肌に合わない人によくある症状

 

グリセリン配合の化粧品を使うと

  • 皮脂が増えて顔がテカる
  • 毛穴が開き目立つ

 

 

中には、吹き出物ができて、肌に赤みが出て炎症を起こす人もいらっしゃるようです。

けれど、炎症も無く安全には使えているけど、顔がテカって、毛穴が目立つようになって、肌の見た目に問題が出てくる人が多いようです。

 

 

なぜグリセリン配合の化粧品を使うと、皮脂の分泌が増えるのかは、いくら調べてもわかりませんでした。

でも、皮脂の増加は、毛穴の開きに繋がります。

 

 

実際、グリセリン配合の化粧品を使わないスキンケア「グリセリンフリー」をやってみて良い結果が出た人は

  • ニキビができにくくなった
  • テカりにくくなった
  • 毛穴が小さく目立たなくなった

という意見が多くみられます。

 

 

つや子
つや子
グリセリンで皮脂が増えた、毛穴が開いたと感じるのは、決して気のせいではないってことね。

 

 

実は、私もグリセリンフリーでテカりにくくなった、毛穴が目立たなくなったと実感しています。

 

長年の悩みだったテッカテカの顔から解放されました。

皮脂+諸々で、夕方はなんとなく赤黒いような、くすんだような肌ともサヨウナラ。

毛穴の開きが目立たなくなれば、ファンデーションを買う時、「毛穴落ち

しないファンデーション」とか調べなくても済みます。

テカらないだけでも、肌に自信が!

 

 

美肌さん
美肌さん
安全な成分=全ての人にとって良い成分、肌をキレイにしてくれる成分とは限らないってことね。 

 

 

たくさんのお金をかけて、安全性を確認しながら開発される薬品でも、副作用が起こることもありますから、全ての人に合う成分って無いのでしょうね。

 

これからグリセリンフリーする人が注意すべきこと

保湿しても、食事に気を付けても、何をしても皮脂で顔がテカって困るという人は、若しかしたら、お使いの化粧品に含まれるグリセリンのせいかもしれません。

 

その場合、グリセリンを配合しない化粧品でスキンケアする「グリセリンフリー」を試すと、皮脂でテカるのが改善されるかもしれません。

 

けれど、注意しないといけないことがあります。

それは、グリセリンフリーは肌が乾燥しやすくなる、ということです。

 

グリセリンが、あなたの皮脂や毛穴の目立ちの原因だとしても、グリセリンが優秀な保湿成分であることには変わりません。

 

そんな優秀な保湿成分を一切カットすると、どうしても肌が乾燥しがちになります。

 

つや子
つや子
じゃあどうするの?

 

これは私の体験ですが、グリセリンが配合されている化粧品の全てが、皮脂を増加させ、毛穴を目立たせるわけではありませんでした。

 

私が、肌にグリセリンの影響を一番に感じたのは化粧水でした。

グリセリン配合の化粧水を使うと、まずテカります。

 

 

グリセリンは水溶性の保湿成分なので、化粧水にはとくによく配合されています。

化粧品の成分表示は、配合割合の多い順で記載されていて、

「水、グリセリン、○○、□□、△△・・・」と配合割合が多いのが原因かもしれません。

 

また、「化粧品は先に肌に塗ったものが肌に浸透しやすい」という性質もあるので、化粧水のグリセリンが、肌に影響を与えやすいのかもしれません。

 

とにかく、化粧水のグリセリンは、私の肌をテカらせてしまいます。

 

けれど、そのほかのものはというと、グリセリンが配合されていても、大丈夫なものもあります。

美容液や日焼け止めはテカるものが多いです。

クリームやファンデーションは、わりと大丈夫でした。

 

 

これは私の場合であって、もしかしたらグリセリンは一切ダメという人もいるかと思います。

 

けれど、「私にはグリセリンは合わない!だから全カット!!」と最初から決めてしまうと、今度は肌の乾燥が悩みになったり、化粧品を選んだり、使ったりする楽しみも半減してしまいます。

 

あまり頑なにならず、「どの化粧品に含まれるグリセリンが合わないのか」、「これならグリセリン入っていても大丈夫」と知ることが、テカらず、乾燥しない肌になるコツのようです。

 

化粧水でしっとり保湿はできないので、保湿最強のヒト型セラミド配合のクリームで徹底保湿しています。