コラーゲンは肌のハリの素

 

若いころのぱあぁ~んっと張った頬が懐かしいです。

 

少し前までは、手羽先などの食品やサプリからコラーゲンをとっても、消化で分解されて、肌のコラーゲンにはならないから意味が無いと言われてましたね。

けれど、今は食べたコラーゲンも無駄ではなく、全てではないけれど、肌に定着すると考えられています。

 

コラーゲンドリンクやサプリも、多く種類が販売されていますよね。

「どれがコラーゲンがいっぱい含まれてるのかな?」

「飲みやすいかな?美味しいかな?」

「値段はどうかな?」

 

色んな事を考えて、選ばれると思うんですが、意外と身近なところに、安くコラーゲンを増やすものがあるんです。

 

お金をかけずにコラーゲンを増やしたいなら、これがおすすめ!

 

ゼラチンです。

ゼリーやババロアなどの材料で、わりとどこのスーパーでも見かけますよね。

 

このゼラチンが、肌のハリを保つことに、役立つのだそうです。

 

つや子
つや子
ゼラチンで作ったゼリーも、コラーゲンもプルンプルンしてるけど、どう違うのかな?

 

そもそもコラーゲンって何?

コラーゲンはたんぱく質の一種です。

体内のタンパク質の約30%を占めいて、その多くは肌に存在しています。

 

また、骨を構成しているのはカルシウムだけでなく、たんぱく質からもできています。

骨のたんぱく質の90%はコラーゲンだそうです。

 

よく鉄筋コンクリートで例えられますが・・・

 

たんぱく質(コラーゲン)→鉄筋

カルシウム→コンクリート

⇒ たんぱく質(コラーゲン)を支えにして、カルシウムが固まり丈夫な骨となる

 

逆に、たんぱく質(コラーゲン)が減少すると、いくらカルシウムを補給しても、支えが無いので丈夫な骨にはならない、ということです。

 

 

コラーゲンは美容の面だけでなく、健康の面でも大切な存在ですね。

 

コラーゲンとゼラチンってどう違うの?

コラーゲンは3本の細長い分子が、らせん状に巻きついたものです。

ゼラチンは、らせん状のコラーゲンが、熱によってほどけたものです。

 

美肌さん
美肌さん
分子レベルではちがうものだけど、食品として食べる分には、同じものということね。

 

さらに、そのほどけた3本の分子を、分解して細かくしたものが、コラーゲンペプチドです。

コラーゲンペプチドは、サプリメントなどに使われます。

コラーゲンペプチドは、分子量も小さく吸収されやすいのが特徴です。


つや子
つや子
ゼラチンより、コラーゲンペプチドの入ったドリンクの方が、肌にはいいんじゃないの?

 

美肌さん
美肌さん

吸収はコラーゲンペプチドの方がいいけれど、ゼラチンにだってメリットはあるのよ。

 

 

ゼラチンでコラーゲンを補うメリット

コラーゲンを吸収されやすくするために作られたのが、コラーゲンペプチドですから、吸収の良さでは、ゼラチンは劣るかもしれません。

でも、ゼラチンが吸収されないわけではありませんし、ゼラチンならではのメリットもあります。

 

値段が安い

コラーゲンドリンクやサプリは、種類も多く、値段も様々ですが、コラーゲンペプチド高配合のドリンクは結構値段も高め。

ゼラチンなら数百円で手に入ります。

 

添加物が無い

ドリンクやサプリメントは、コラーゲンペプチドだけでなく、品質維持のための添加物も含まれています。

添加物を気にされる方には、ゼラチンの方がシンプルなのでおすすめです。

 

手に入りやすい、容器の処分がラク、など。

ドリンクやサプリは、ドラッグストアで売っていたり、いなかったり。

通販限定ということもありますね。

ゼラチンは、わりとどこのスーパーでも置いてあって、好きな時に買えて、軽いし買い物もラクです。

コラーゲンドリンクのように、ビンの処分の必要もありません。

 

続けやすい

ゼラチンの一番のメリットは、続けやすいことだと思います。

ゼラチンを使ってゼリーを作るとき、あらかじめ「水にゼラチンを振り入れてふやかす」下準備が必要なものもありますが、その下準備が必要なく、そのまま材料に溶かすことができるゼラチンもあります。

その場合、わざわざゼリーを作らなくても、コーヒーなどの暖かい飲み物に溶かして飲むだけで、ゼラチンがとれるので、とても手軽です。

 

また、値段も安いことも、続けやすさに繋がりますよね。

 

 

つや子
つや子
う~ん。メリットにしては、ちょっと弱いよね?

 

美肌さん
美肌さん
まあ、そうかもね。でも、続けやすいって大事なのよ。

 

コラーゲンのおすすめの摂り方、毎日取るの?量は?

「コラーゲンって、年齢とともに減っていく」というイメージがありますよね。

これが間違いではありません。

 

でも正確には、「コラーゲンは常に分解と合成を繰り返している」ということなんです。

 

若いころは、分解と合成のバランスがいいので、肌のハリは保たれます。

けれど、年齢とともにコラーゲンが分解されても、合成が追い付かず、結果的にコラーゲンが減るということになるのです。

 

つや子
つや子
だからコラーゲンを補うのね。

 

美肌さん
美肌さん
しかも毎日摂るのが大事よ

 

 

コラーゲンは毎日摂った方がいい

ゼラチンは消化によって、アミノ酸やコラーゲンペプチドという形で吸収されます。

そして、血液にのって体をめぐります。

ところが約24時間で、コラーゲンペプチドは血中から無くなってしまうそうです。

 

ですから、毎日摂った方がいいのです。

特に、コラーゲンの合成が追い付かない、エイジング世代には。

 

基本、栄養素は生命維持にかかわる部分に多く使われ、肌などそう大事でない箇所は、後回しです。

毎日、ゼラチンやドリンク、サプリなどでコラーゲンを補えば、生命維持にかかわる場所だけでなく、肌にも行き届くようになるのです。

 

 

どのくらいの量取ればいいの?

ゼラチンを美容に役立てるなら、1日5g~10gが目安量。

ゼリーの他に、温かい飲み物に溶かして飲むこともできます。

 

また、ドリンクやサプリメントに含まれるコラーゲンペプチドなら、1日5000mg~10000mgだそうです。

 

 

つや子
つや子
ゼリーと、ババロアと~。ふふっ、美味しそう~

 

美肌さん
美肌さん
ダメよっ!甘いものばっかりじゃないの。

 

ゼラチンでコラーゲンを取るときの注意点

糖分の取りすぎに注意

暑い季節は、ゼリーなどの冷たいものが嬉しいですが、注意が必要です。

糖分は必要な栄養素ですが、一方で肌の糖化を招きます。

特に冷たいものは、同じ量の砂糖が入っていても、甘さを感じにくい傾向にあるので、糖分の量には注意が必要です。

 

ラカンカなどを利用したり、デザートだけでなく料理に使うという手も。

 

美肌さん
美肌さん
野菜のゼリー寄せとかどう?オクラとか人参の型抜きとか使えば、七夕の夕食にもいいじゃない。
日々ガッツリ飯
日々ガッツリ飯
そ、そうですね。

 

何事もバランスが大切です。

 

高いコラーゲンドリンクを飲み続ける為に、ゼラチンを使う

そもそもゼラチンは、美容目的のための商品ではないので、吸収の面ではコラーゲンドリンクやサプリの方が良いと思われます。

けれど、毎日続けられなければ効果は半減ですよね。

 

加齢によって、コラーゲンの合成は衰えていくことを考えると、コラーゲンを補う必要があるのは、今日より明日、明日よりその次なわけです。

 

「コラーゲンドリンクやサプリの良さを実感しているけれど、値段が高いので続かない」

という場合は、「3日に1回はゼラチンにしてみる」など、ゼラチンと併用するのもいいのではないでしょうか。

 

つや子
つや子
品質の良いものを探すだけでなく、毎日続けられる方法を見つけるのも大事なのね。