美肌になるためにやってはいけない、些細なこと

美肌になる為には、肌に合ったスキンケアや、十分な栄養や睡眠など、「与える」ことも必要ですが、「美肌になるためにやってはいけないこと」をやめる・しないことも大切ですね。

 

日焼けや、肌をこすったりすることは、肌に良くないのはとっても有名な話。

でも、それ以外にもこんな些細なところに「美肌になるためにやってはいけない」ことがひそんでいます。

 

では、上の画像の何がいけないのか、答え合わせです。

 

 

あなどることなかれ。○○の洗浄力

クレンジングや洗顔の時、どれくらいの温度の水で洗っていますか?

顔を洗う時の水の温度は約32℃が適温だそう。

 

32℃っていうと、水なのかお湯なのか微妙なくらい。むしろ、ちょっと冷たいなと感じるくらいです。

 

よく、「ぬるま湯ですすぐ」と言いますけど、ぬるま湯って結構暖かいイメージがないですか?少なくても、「ちょっと冷たい」ってイメージは無いのではないでしょうか?

 

テカりの原因であるにっくき皮脂。でも落としすぎると肌が乾燥します。その皮脂は顔の場合約30℃で溶け出すといわれています。

ですから、そんなに暖かいお湯は必要ないんですよね。

 

逆に、37℃以上のお湯は、ただのお湯でも石鹸に近いくらいの洗浄力があると、肌断食で有名な宇津木先生の著書「宇津木式スキンケア辞典」にも書いてあります。

 

お風呂でシャワーを浴びるとき、37℃のお湯だと少しぬるいと感じるでしょうから、おそらくもう少し熱い40℃くらいではないでしょうか?それくらいの方が、気持ちいいですものね。

 

でも美肌になるためには、

体にかける40℃のお湯で、顔を洗ってはいけません。

意外とバカに出来ない破壊力

「水圧」って意外にバカにできません。シャワーの水圧が弱いと、ちょっとモヤモヤしちゃうよね。

そこそこの水圧で、シャワーを浴びると思うのですが、この水圧、顔にはあまりよくありません。

 

「そんなバカな、シャワー程度で!」と、実際私も思っていました。

でも肌の表面・バリア機能の役目をしている角層は、顔の場合約0.02mm。とても薄いんです。古くなった角層の細胞ははがれてはいくけど、無理にはがしてはいけません。

シャワーの水圧で無理にはがしてしまうこともあるのです。

 

ですから、お風呂でも顔を洗う時は、両手で水をすくって顔に当てるようにすすぐのがベストです。

 

シャワーを顔に、直接当ててはいけません。

 

「水圧の力」試してみました。
ちょこっと、水圧の力はどんなものか、試してみました。
こちら、水彩絵の具を手の甲に塗ります。
で、左手は水のシャワーにあてて、右手は水をはった洗面器にひたします。どちらも15秒です。
結果はこちら。
左手は、シャワーをあてている時から、どんどん流れていきました。15秒後にはずいぶんきれいになりました。
右手は、水の中でジワジワ絵の具が溶けだすも、結構残ってます。
水圧だけでも、結構汚れは流れていくもんですね。

美肌になるためやってはいけないことも、相乗効果です。悪い方向に。

良いことをいくつかやれば、効果は2倍、3倍になるのが相乗効果。
悪いことも同じ、ただし悪いほうに2倍、3倍転がるだけです。
何の話や?って感じになりましたが、先ほどの「お湯」と「シャワー」の話です。どちらも、まあ肌に良くないよねって聞いても、それぞれは大したこと無さそう。
でも、「石けんに近いくらいの洗浄力のあるお湯で、圧力をかけて顔を洗う」となるとどうでしょう?
ちょっと、肌に悪いイメージが大きくなりませんか?
しかも、場合によってはクレンジング剤や洗顔せっけんなどの洗浄力もプラスされますよね。
特にクレンジングは肌に負担になりやすいもので、選び方や使い方も注意が必要なものです。
私は以前、濡れた手では使えないクレンジングを使ってました。でもお風呂に入って一番最初の、手や顔が濡れてない時に使えば、浴室でも使えますよね。
で、クレンジングがなじんだら、熱めのシャワーでズワワーって流していました。しかも毎日。
(;´Д`) ああ、こわい。
一つ一つは、大したこと無さそうですが、同時にやると結構な洗浄力がありそうです。さよなら大事な皮脂、ごめんねバリア機能。
美肌になるためには、日々の小さなことの積み重ねがきっと大切。悪いことを積み重ねて、老化が2倍3倍に加速しないよう、いつもの何気ないことに注意して、ケアしていきたいもんですね。