フライパンと言えば、フッ素加工(テフロン加工)されたフライパンが主流ですね。油をひかなくてもくっつきにくくて便利。

 

一方で、鉄のフライパンも人気です。

 

  • 焼くだけで美味しく仕上がる
  • 野菜炒めも、水ぽくならず、シャキシャキ美味しい
  • 鉄のフライパンは、くっつきやすいイメージだけど、それほどくっつかない
  • 手入れも思ったよりもラク

 

ちょっとネットで調べれば、鉄のフライパン愛用者の方の口コミを見ることができます。

私も、鉄のフライパン愛用者の一人。

 

表面のコーティングが無いので、寿命も長いのも鉄のフライパンの魅力。

 

でもそれは、一度買えば不満なところがあっても、買い替えるチャンスが無いということでもあり、まだまだ使えるけど処分ということもありますよね。

 

鉄のフライパンどれがいいかな?と迷っている方に、鉄のフライパン選びで忘れがちなポイントを紹介します。

手入れがラクなフライパン

鉄のフライパンの手入れと言えば・・・

 

  • 洗剤は使わず、水かお湯で洗う。
  • 乾かした後は、油を塗る。

 

というのが一般的なセオリー。

 

ただし使い始めは、空焼き・油ならしという作業が必要です。

 

鉄のフライパン、空焼きとは

鉄のフライパンは、錆びやすいので、最初は表面に錆止めの加工がされています。

水や洗剤でこすった程度では取れないので、フライパンをコンロにかけ、塗装を焼き切る作業です。

 

油ならしとは

使い古しの油をフライパンに注ぎ、火にかけて油を温めます。油が冷めたら、オイルポットに油を移し、ウエスなどで全体に油を塗りこみ、油を馴染ませる作業です。

 

空焼き不要という鉄のフライパンの存在

実は私、10年ほど前に、鉄のフライパンを少しの間使っていたことがあります。

その時は、理由は忘れましたが、なぜか使わなくなり、錆びてしまいダメにしたことがあります。まあ、錆びたところは、サウンドペーパーでこすれば復活するので、実際はダメではなかったのですが、それも知らなかったんですよね、当時。

 

で、色んなフライパンを選ぶ中で知った、タークというフライパン。ドイツ製で見た目がかっこいい。このフライパン。

 

その時は、鉄のフライパンを買うつもりは無かったので、かっこいいという印象しかなかったです。

 

でも、1年ほど前、我が家にある、大小2つのフッ素加工のフライパンのうち、小さい方はもう、くっついてくっついて、どうにもこうにも・・・。買い替えが急務でした。

 

以前失敗したけど、美味しかった記憶は残っていたこと、そろそろフライパンの買い替えはやめたいことから、再び鉄のフライパンが候補に。

 

ヽ(^o^)丿 そうだ、あのかっこいい、タークにしよう!!

 

(゚Д゚;) うっ・・、高いな・・・。

 

 

そう、タークのフライパンはなかなか高価。忘れてたわ。

 

一度失敗しているのでね、次に高価なフライパン買って、再び失敗はキツイ。

もうちょい、庶民価格のフライパンはないかしら・・・。

 

あるのね。それは、鉄黒皮厚板フライパン。遠藤商事という会社が取り扱っているフライパン。

持ち手まで鉄でできていて、かっこいい。

 

しかも、最初の手入れの一つである、空焼きが不要!!

 

錆止めの加工はされてはいるのですが、口に入っても問題ない素材で加工されているようです。

ですから、購入後は良く洗ってから、油ならしすれば使えます。

 

実は、この空焼き不要というのは、手間が省けるだけでなく、最近の熱源にもマッチしているんです。

 

最近のガスコンロは良くできていて、温度センサーが付いていて、異常な高温になりにくくなっています。

錆止め加工を焼き切るには、高温でフライパンを加熱する必要があります。でも、温度センサーが感知して、自動で弱火になってしまう。これでは、充分な空焼きができません。

 

IH対応の鉄のフライパンもありますが、空焼きはなかなかIHでは、やりにくいようです。

カセットコンロを使った、という声もありました。

 

ということで、空焼き不要な鉄黒皮厚板フライパン20㎝を購入。

ガンガン強火で加熱し続けるのも、ちょっと怖いものね。

 

普段の手入れも、思いのほかラク

鉄のフライパンというと、「洗剤ご法度、最後は油塗必須」の手入れが付き物と思ってませんか?

 

意外と大丈夫です。鉄のフライパン、頑丈。そんな神経質にならなくても平気です。

ようは、表面の油を取りすぎなければOK。

 

炒めものをして、水洗いすれば、汚れは落ちても、油分は残ります。あとは、サッと火にかけて水分を飛ばして終わり。

 

揚げ物で、ギットギトになったら、ほんの少し洗剤を垂らし、手で馴染ませて水で流します。そのあとたわしでゴシゴシ。乾かして終了。油が表面に残りすぎずに済みます。

 

逆に、卵焼きやパンケーキ、炒め煮などで、フライパンの油分を持ってかれた時は、洗って乾かしたあとに油を塗ります。

このへんは、肌と同じで、「足りない時に足す」ようにしています。

 

これが正しいかはわかりませんが、錆びずに使ってます。

 

底面積はどれくらい??

20㎝の鉄のフライパンを気に入ったので、今度は大きいほうも買い替えようと思いました。

じゃあ、同じ鉄黒皮厚板の26㎝かな?

 

(゜o゜) あれ?。なんか底の面積小さくない??

 

どうも、同じ26㎝でも、フッ素加工のフライパンと比べると、鉄のフライパンは底面積が小さい傾向にある、気がする・・・。

 

ハンバーグとか、肉のソテーとかするのに、そこそこ面積あった方がいいけれど・・・。

 

鉄黒皮厚26㎝フライパンの底面積は、18.5mm。ちょっと小さいかな?

じゃあ、サイズアップして、28㎝のフライパンの底面積は、19.5mm。

 

あんまり変わらん気もするし・・・。

しかも、重くなるけど、まあ大丈夫かな?。

 

 

柄の長さは大丈夫か

迷ったフライパン選び、大丈夫ではありませんでした。

コンパクトな我が家の台所。収納場所は限られています。

 

(゜o゜) なんか、柄長くない??

 

サイズが大きくなれば、当然、柄の長さも長くなります。

しかも、柄まで鉄素材のものは、木製の柄に比べて長い。

 

柄が木製だと、ゆるんだり、劣化することがあります。長く使うなら、柄まで鉄の方がいいと思ってましたが、収納に困るなら問題です。

 

ついつい、食材を入れる場所のサイズに注目しがちですが、柄の長さも割りと大事です。

オール鉄製のフライパンは、オーブンにも入れることができます。でも、買ってみたら、「大きくてオーブンに入りきらなかった」という口コミも見かけました。

 

 

底の厚さは薄すぎないか

鉄黒皮厚板のフライパンは、柄が長め。ちょっと我が家の台所には不向き。

 

柄が木製のリバーライトなら、柄が劣化しても部品が交換できるので、長く使えます。

ほぼ、リバーライトに心が決まりましたが、現物を見てから買おうと、百貨店へ。

サイズ感と、重さを確認したかったんですね。

 

口コミ通り、28㎝でも大きすぎることは無い。

で、重さもまあ大丈夫。何時間もチャーハンあおってるわけじゃないので、いけそう。

 

そして、そばにあった、大きさや重さなどのスペックを、表にした紙があったのですが、

28㎝だけ、底の厚みが2.0mmとやや厚め。他のサイズは1.6mm。

最初に買った鉄黒皮厚のフライパンは2.3mmでだったので、それに近い使用感になると思い、リバーライト28㎝に決定。

厚みのあるフライパンは、蓄熱性に優れているので、加熱むらも防ぐことができます。

ただその分、重くもなります。

 

この日見た商品は、アウトレットだったので、4000円ほどで売っていました。また後日、楽天ポイントを使って、ネットで買う予定でしたが、買って帰りました。

 

もちろん、購入したリバーライトのフライパンは、空焼き不要。

 

厚めのフライパンは、「焼く」という調理がとても美味しくできます。

ハンバーグは、じっくり焼くと、表面は肉自体の油で、揚げ焼きしたようにカリッと仕上がり、中はジュ~シ~っ。

レシピは、作り置きなどで有名な、ゆーママさんのもので作っています(チーズ抜きで)。

家族にも好評で、さも、自分が考案したハンバーグかのように、どやりながら家族に提供するのが常です。

チキンソテーも、皮がパリッと焼けます。

 

 

鉄のフライパン、エンボス加工は必要か否か

鉄のフライパンも、色んな種類が売っています。

中でも、エンボス加工という、表面がデコボコしたフライパンも見かけます。

 

「鉄のフライパンは、くっつきやすい」というデメリットがありますよね。

表面をデコボコさせることで、食材とフライパンの接地面積を減らすことで、くっつきにくくする効果があるようです。

 

初めて、フライパンを購入する場合、くっついてしまうのではないかが、不安要素の一つ。くっつきにくいエンボス加工は、とても魅力的に映りますよね。実際、10年ほど前に、初めて使った鉄のフライパンも、エンボス加工がされてました。

 

そして、両方使ってみて思うのは、

エンボス加工なくても、そんなにくっつかんで。

ということ。

 

最初に、よくフライパンを熱してから油を入れて、油も温まってから食材を入れれば、そんなにくっつかないです。

 

油返しもしてないんですけど、大丈夫です。チャーハン作って、だいぶ鍋肌に持ってかれた、ということもまだありません。

 

フッ素加工のようにスルスルとはいきませんが、こま切れ肉も、いきなり触らず、少し焼いて表面を固めれば、箸やヘラですぐにはがれます。

 

くっついたら台無しな餃子も、しっかりフライパンを温めれば問題なし。

冷凍餃子も、美味しく焼けました。

あとは、もっとキレイに皿に並べる技術が欲しい。我が家の餃子、いつも散らかってます。

 

個人的には、エンボス加工なくても大丈夫だと思います。

 

 

鉄のフライパン、比較してみました。

私の中で候補に挙がった、

  • 鉄黒皮厚板フライパン28㎝
  • リバーライト極みJapan28㎝
  • ターク クラッシックフライパン28㎝

のスペックを表にまとめました。

 

 

項目鉄黒皮厚板フライパンリバーライトターク
重さ1560g1300g1900g
底径19.5cm18.5cm20cm
底の厚み2.3mm2.0mm2.5mm
柄の長さ※25cm20cm26cm
深さ5cm5.3cm3.5cm
空焼き不要不要必要

 

※ここだけ26センチサイズの長さです。

 

 

色々自分なりに比較して、メインとなる大きなフライパンは、リバーライトの極みJapanの28㎝を選んで、そして、使い心地に大変満足しています。

 

見た目では、タークのフライパンがダントツなのですが、我が家には、ご縁が無かったということで・・・。

また、来世にでも使えたらいいね。

 

不満無く、長い間使えるのが一番ですし、まだ使えるのに処分するのもつらいですからね。

フライパン選びに、もしもお役に立てたら幸いです。