肌の老化リスクを知るために、一カ月ほど前に「遺伝子博士エイジングケア」という、肌の遺伝子検査を受けました。

 

遺伝子検査と言っても、検査キットを取り寄せ、自宅で口の中から検体を採り、再び郵送にて検体を送るという簡単なものです。

痛くも無ければ、難しくもない。

検体を送ったら、あとはただ待つだけです。

 

私は12月初旬に検体を郵送しました。

遺伝子博士エイジングケアは結果が出るまで、3~4週間ほどかかるそう。

末年始もあるしもう少しかかるかなと思っていました。

ところがびっくり、検体を送ってから16日で結果が出ました。

 

そして、その検査結果にもびっくり。

さらにおまけもついていてびっくり。

 

びっくり三昧の結果ですが、遺伝子検査の信ぴょう性は?どんなアドバイスがもらえるの?など、レビューしたいと思います。

 

遺伝子博士って何?

先に公式サイトをチェックしたい方はこちらからどうぞ

あなたその“シミ”遺伝子が原因かも!?→今すぐ肌遺伝子検査で判明!

遺伝子博士エイジングケアの結果は?信憑性はある?

遺伝子博士エイジングケアは、糖化・過酸化酸素・抗酸化脂質による肌の老化リスクがどれくらいあるのか調べることができます。

 

それぞれのリスクについて、「高い・やや高い・標準」の3段階で診断されます。

 

 

 

中でも、糖化のリスクができるのが、遺伝子博士エイジングケアのメリットだと思います。

同じように、検査キットを取り寄せ検体を送るタイプの、肌の遺伝子検査は他にもありますが、糖化リスクが調べられるのは、今のところ遺伝子博士エイジングケアだけのようです。

 

遺伝子検査の結果が出るとメールでお知らせがきて、スマホやパソコンで結果とアドバイスをチェックすることができます。

 

では、私の結果はというと・・・

 

 

糖化リスクがやや高いというのはちょっとショック。

 

黒ずみタマゴ
黒ずみタマゴ
どうも、黒ずみタマゴです。

 

リスクチャートを見ると、シワやたるみ、シミのリスクは低いけど、毛穴のつまりや黒ずみのリスクは高いという結果に。

 

 

わーーっ、当たってるーっ(*‘∀‘)

 

コスメカウンターの肌質チェックする機会で診断してもらうと、今のところ肌のハリはあるらしいです。あまり実感はないのですけれど。

 

でも、鼻の毛穴の黒ずみは、気にはなっています。

 

スキンケアをグリセリンフリーにすることで、テカりや毛穴の目立ちは随分改善されました。

頬や鼻の毛穴の凹凸が改善され、毛穴の悩みも激減したものの、毛穴の黒ずみは完全になくなったわけではありません。

 

ただし、ファンデーションを塗ればキレイにカバーできるので、以前ほど気になりませんし、黒ずみをキレイにしようとあれこれ必死になると、逆に毛穴が目立つことになるのは、なんとなく経験から感じているので、そっとしておいたのです。

すっぴんで人に会うこともほぼありませんし。

 

正しいケアで、これ以上ひどくならなければいいかなと思っていた毛穴の黒ずみでしたが、私は過酸化脂質による肌の老化リスクが高く、毛穴が黒ずみやすいタイプだったようです。

 

黒ずみタマゴ
黒ずみタマゴ
なるほど~。妙に納得。

 

遺伝子検査で肌の老化リスクがわかるといっても、実際その遺伝子の影響で肌が老化しているのか、それとも日ごろの生活やケアが原因で肌が老化しているのかは、判断できるものではありません。

 

だから正直、遺伝子博士エイジングで遺伝子検査をする時も、今後の参考になればいいかなくらいの気持ちでした。

 

けれど、今回の遺伝子博士の結果を見て、基本的なケアだけで今のところハリもキープできていること、色々試行錯誤しても毛穴の黒ずみは無くならないことは、自分の遺伝子の影響なんだろうなと、強く感じました。

 

黒ずみタマゴ
黒ずみタマゴ
何をしても毛穴の黒ずみが無くならないの、不思議だったのよね。原因がわかって、なんだかスッキリしたね。

 

遺伝子博士エイジングケアで遺伝子検査を受けてみて、遺伝子検査って信憑性はあるの?当たるの?って聞かれたら、私は「信憑性はあるっ!」って答えます。

 

 

遺伝子博士エイジングケア、診断後はどんなアドバイスがもらえるの?

遺伝子博士エイジングケアでは、診断結果をもとに、食生活やライフスタイルのアドバイスがもらえます。

これが思ったより充実しています。

 

左の画像のように食生活のアドバイスが8項目ありました。

それぞれの項目について、右画像のように詳しく説明があります。

既に知っている内容もあるのですが、具体的なおすすめ食材や栄養素も教えてくれるのは嬉しいところ。

 

 

 

さらにおススメの栄養素が3つと、コラーゲンの生成を助ける栄養素の紹介もありました。

 

そして、食生活だけでなくライフスタイルのアドバイスも8項目ありました。

 

美肌さん
美肌さん
あらっ、加齢臭の素、ノネナールができやすい体質って書いてあるわよ。

 

 

黒ずみタマゴ
黒ずみタマゴ
・・・。

 

上画像のの赤線の項目を読むと、過酸化脂質ができやすく、それはノネナールの原因となるそうです。ショック。

 

アドバイスの中には、まあまあショックなものもありますが、対策も併せて教えてくれるので、あとは実行するのみです。

 

 

遺伝子博士エイジングケアの診断結果とともにもらったおまけとは

遺伝子検査の結果や、アドバイスにちょっぴりへこんで数日後。

あれ?何これ。

 

頭皮の診断結果があることを発見。

こりゃ知らなんだ

 

つや子
つや子
わっ、何だか得した気分。

 

まあ、頭皮も肌の一部ですからね。頭皮の診断もできるのでしょう。

 

こちらは頭皮の危険度が50%だそうです。

ちょっと漠然としているかな?

 

頭皮の診断は5項目のレポート付き。

 

肌だけでなく、髪のケラチンやキューテイクルも糖化するそうです。

髪が糖化すると、ハリやコシ、ツヤを失うの原因になるので、糖化リスクやや高めの私は、注意が必要だそう。

 

「頭皮のにおい」という項目は、もちろん「頭皮のにおいが気になりやすい遺伝的体質」と書かれていました。

すでにクサいと言われているようで、ちょっとつらい。

 

こちらの食生活・ライフスタイル改善アドバイスは、肌診断と同じものになります。

 

遺伝子博士エイジングケアで遺伝子検査を受けて変わったことや感想

遺伝子検査の結果が出て、私の生活に少し変化がありました。

朝の洗顔です。

ここ数年、朝はぬるま湯で洗顔するだけでした。

洗いすぎによるバリア機能の低下を防ぐためです。

 

けれど、皮脂が酸化しやすい、黒ずみやすい体質だとわかって、Tゾーンのみですが石けんで洗うようになりました。

 

朝の洗顔は必要か、不要か、時々議論が巻き起こりますよね。

  • 夜にきちんと洗っていれば、さほど汚れていないし、石けんで洗うと洗いすぎてしまう。
  • スキンケアや皮脂が長時間肌の上にのっていると酸化して、肌に良くない。朝はきちんと洗顔すべき。

どちらも間違っていなくて、結局はその人の肌の状態によるわけです。

 

私の場合は、朝も石けんを使ってしっかり洗顔すると、洗いすぎている感じがして朝の洗顔は避けていました。

けれど、過酸化脂質による肌の老化リスクが高い私は、朝もしっかり洗顔した方がいいことがわかりました。

 

スキンケアの方法は沢山あって、時には相反する考え方もあるのだけれど、遺伝子レベルでの肌質を知れば、自分に一番合ったスキンケア方法を迷わず選ぶことに役立つと感じました。

 

まだまだ少しの変化で、肌に良い変化があったわけではありませんが、遺伝子博士エイジングで遺伝子検査を受けて良かったなと思います。

あとは、においケアも今から頑張らないと・・・涙。

 

 

 

原因がわかれば、歳をとるのも怖くない!

肌老化の原因を遺伝子レベルで知ることができる遺伝子検査はこちらの公式サイトから

↓ ↓