界面活性剤の入っていない、化粧品を探したことありませんか?

自分の使ている化粧品に、界面活性剤が入っていることを知って、がっかりしたことはありませんか?

 

そんな方に、読んで頂きたいです、ぜひぜひ。

 

私も、化粧品の成分を気にし始めたころ、使っている化粧品のすべてに、界面活性剤が入っていることを知ってがっかりしました。

界面活性剤の入ってない化粧品を探したこともあります。

そして、そんなものはなかなか見つからず、途方にくれたことがあります。

(今は「界面活性剤不使用」と表示されたものがありますね)

 

とにかく、世間では界面活性剤=肌に良くないという印象。

でも、界面活性剤って、化粧品だけでなく食品などにも含まれていて、知らないうちにずいぶんお世話になってるんですよね。

それが、化粧品に含まれるとなるともっぱら悪者ですよ。

 

あまりにも気の毒なので、化粧品に含まれている界面活性剤も、そんなに悪い奴じゃないよって、証明したいと思います。

 

 

界面活性剤って何?

「界面活性剤=悪」というのはちょっと違います。

「界面活性剤=水と油を混ぜ合わせることができる成分」というのが正しいところです。

 

この性質を利用して、洗浄・乳化・可溶化・浸透・分散などの働きをします。

 

界面活性剤の種類

界面活性剤は、水に溶けた時のイオン化の状態によって4種類に分けられます。

 

  • アニオン(陰イオン)界面活性剤
  • 乳化、分散、洗浄に利用される。
  • 洗浄力が強く、泡立ちが良い。
  • 「石ケン」
  • 「○○酸Na(K、TEA)」で終わる成分
  • 「○○タウリンNa(K、Mg)で終わる成分

※例外⇒硫酸Na、乳酸Na、クエン酸Na、炭酸Naなど

 

  • アニオン(陰イオン)界面活性剤の中でも、「グルタミン酸」「タウリン」「グリシン」などのアミノ酸の名前を含んでいるアミノ酸系洗浄剤は、比較的脱脂力が低く、保湿力が高い

 

 

  • カオチン(陽イオン)界面活性剤
  • 主に髪のトリートメント剤に使われ、静電気を防ぎ、柔らかくなめらかな手触りに整える。
  • 殺菌効果が高いものは、制汗剤や、ポイントメイクリムーバーの防腐剤としても使われる。
  • 「○○クロリド」や「○○ブロミド」で終わる成分

 

 

  • アンホ(両性)界面活性剤
  • 陰イオン、陽イオンどちらにも変化する界面活性剤。
  • 陰イオンとなった時はマイルドな洗浄力をもつ。
  • 陽イオンの時はマイルドな殺菌力をもつ。
  • 泡立ちの補助や、乳化を長持ちさせる。
  • 保湿効果の高いクリームや美容液にも含まれる。
  • 「○○ベタイン」、「○○オキシド」で終わる成分。
  • 「○○アンホ」を含む成分。

 

 

  • ノニオン(非イオン)界面活性剤
  • 特に乳化作用に優れていて、乳液やクリームなどの乳化剤に使われる。
  • 泡立ちは控えめで、洗浄力もマイルド。
  • 安全性も高い。
  • 「○○ポリグリセルー数字」「○○ソルビタン」
  • 「○○DEA」「○○MEA」
  • 「PEGー数字」を含む「○○グリセル」で終わる成分。
  • 「ポリソルベート」が頭につく成分。
  • 「ソルべス」を含む成分。
  • 「ラウレス」「セテス」「オレス」「ステアレス」「べへネス」「トリデセス」「ミレス」「イソステアレス」「コレス」に「-数字」が付く成分。

 

 

種類主な働き主な用途皮膚刺激
陰イオン洗浄・可溶化石鹸・シャンプーなど比較的弱い
陽イオン柔軟・殺菌トリートメント・制汗剤などやや強い
両性イオン洗浄・乳化助剤ベビー用シャンプー・柔軟剤など弱い
非イオン乳化多くの化粧品とても弱い

 

※皮膚刺激は一般的にです。

 

 

化粧品の界面活性剤は何が悪いの?

界面活性剤が肌に良くないといわれる理由は、

界面活性剤はバリア機能を壊すから

というもの。

 

肌の表面の角質細胞同士をがっちりくっつけている、天然保湿因子や細胞間脂質を、界面活性剤が洗い流してしまう、ということなんですね。

 

確かに、クレンジングや洗顔のやりすぎや、こすり過ぎは肌をいためます。

でも、化粧品に含まれる界面活性剤のすべてが、そんな悪さをするのでしょうかね?

 

ってことで、実験です。

 

 

化粧品に含まれる界面活性剤はそんなに悪いのか、実験します

注:あくまで素人が家庭で行った実験です。

 

化粧品の界面活性剤はそんなに悪くない

肌のバリア機能を壊すのなら、肌表面のメイクもあっさりキレイに落とせるんでないの?」

 

肌のバリア機能は「角質+細胞間脂質などの油分」ですから、「油分+粉」でできたメイクも落とせるのではないかと考えます。

 

 

こんな風に実験してみます。

腕に塗った化粧品を、保湿クリームやハンドクリームで落としてみました。

 

 

使ったメイク用品はこちら

 

 

ファンデーションとアイシャドウを腕に塗ります。

 

界面活性剤を含む保湿クリームなどで、ファンデとアイシャドウを落としてみます。

 

保湿クリームなどがファンデやアイシャドウに馴染んだら、一度濡らしたコットンで拭き取ります。そのあとクレンジングシートで拭き取り、どれくらいファンデとアイシャドウが付くか確かめます。

 

クレンジングシートにファンデやアイシャドウが

付く⇒保湿クリームなど+水ではメイクが落ちない⇒洗浄力がない

 

付かない⇒保湿クリームなど+水でメイクが落ちた⇒洗浄力がある

 

洗浄力が無ければ、バリア機能を壊す心配はないだろうといえそうですよね。

 

 

さあ、実験開始

 

ファンデとシャドウを落とすために使ったのはこちら。

保湿クリームやハンドクリームのほかに、比較対象になりそうなものを集めてみました。

 

 

 

含まれている界面活性剤です。

  • 保湿クリーム

ミスチリン酸ポリグリセリルー10

 

  • ヒルドイドソフトローション

モノステアリン酸グリセリン

 

  • ハンドクリーム

カリ石鹸素地

 

  • マヨネーズ

卵に含まれる成分レシチン

※レシチンは天然界面活性剤と呼ばれています。

 

  • クレンジングゲル

ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル

 

  • 食器用洗剤

アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム

アルキルアミンオシド

 

 

 

 

①ファンデーションとアイシャドウを腕に塗る

 

ファンデをあまり塗り広げないよう、マスキングテープを張ってます。

そして、保湿クリームなどをのせていきます。

 

 

②馴染ませる

 

それぞれ、クルクルと20周指で馴染ませました。

 

既にクレンジングゲルや、食器用洗剤は結構落ちてますね。

 

 

 

③濡らしたコットンで拭く

 

つぎに、水で濡らしたコットンで拭き取ります。

 

 

 

ちょっと拡大

 

 

 

クレンジングゲルと食器用洗剤はスッキリ。

意外ととマヨネーズも落ちてますね。おそらく油分が多いので、油分で浮き上がったファンデとアイシャドウを、拭き取ることで生じる摩擦で落としてしまったのかなと思われます。

 

 

④クレンジングシートで拭き取る

 

最後にクレンジングシートでメイクオフ。

 

 

腕をキレイに拭き取りました。

どれくらいファンデやシャドウが残ってるのでしょうか?

 

 

 

(うーん、画像だとちょっとわかりにくい)

こちらは、拭きとったあとのクレンジングシート。

洗浄を目的とした、クレンジングゲルや食器用洗剤はメイクに馴染ませて、塗れたコットンで拭くだけでキレイに落ちました。クレンジングシートは真っ白でした。さすがの洗浄力。

 

逆に、洗浄を目的としない保湿クリーム・ハンドクリーム・ヒルドイド・マヨネーズは、馴染ませて、塗れたコットンで拭くだけではキレイに落ちず、クレンジングシートにファンデとアイシャドウが付きました。

 

 

結論

界面活性剤は含まれる保湿クリーム・ハンドクリーム・ヒルドイドローション・マヨネーズには、バリア機能を壊すほどの洗浄力は無いと思われる。

 

そもそも、洗浄するための製品ではないですものね。

おそらく、配合の目的は乳化するためでしょうね。

 

ちなみに、洗浄力があるからと言って、必ずしもバリア機能を壊すわけではありません。

実験で使ったクレンジングゲルは、メイクを摩擦無くスルッと落としてくれるし、使用後の乾燥も個人的には感じませんでした。

ただし、クレンジングを必要としないメイクの場合や、長時間マッサージしながらのメイクオフは、洗いすぎになることもあります。要は使い方ですね。

 

 

 

界面活性剤を必要以上に「悪い」ととらえなければ、化粧品をもっと楽しめる

洗浄を目的とした界面活性剤は、気を付けなければいけませんが、それ以外のものは安心して使ってもいいのではないでしょうか?

 

だって、「界面活性剤不使用」の化粧品って少ないし、高いし、ねぇ。

あれもダメ、これもダメでは、ちょっと窮屈。

 

確かに、界面活性剤はもともと肌に存在するものではないし、あれもこれも肌に塗りたくるのはちょっと抵抗もあります。

 

でも、美肌になるためには、食事や生活習慣といったことがすごく重要ですし、

「こすらない」とか肌のケアの仕方も大切ですよね。

 

美肌になる要因はたくさんあるわけで、界面活性剤を必要以上に敵対視しても、あんまり意味ない気がしてきませんか?

 

人によっては、アレルギーがあったり化粧品の成分を気を付けなければいけません。

かゆみなど異常が起こればすぐに、その化粧品の使用をやめないといけません。

 

そうでなければ、もっと楽しんで化粧品を使えるんじゃないかな?と思うんです。

それに、界面活性剤を含まない化粧品を探す時間を、もっと楽しいことに使える方が、良いですよね。