「いつまでも元気に若々しくいるために、骨は大事」と聞くと、

 

「まっ、そうだわな」って感じではないでしょうか。

 

骨がもろくなると、骨折しやすくなって良くないし、骨の加齢変化によって、腰が曲がると、老けた印象が強くなります。

 

また、頭蓋骨の骨量が減ると、その上にある皮膚が余るようになり、シワやたるみの原因に。

これまた、若々しさからは遠ざかってしまいます。

 

でも、そういった見た目の問題だけでなく、体の若々しさを保つために、骨はとても重要な存在だそうです。

骨は「ヒトの体を支える柱」だけではないのです。

 

骨がどのように、ヒトの若々しさに影響しているか、そして、丈夫で健康な骨にするためにできることをご紹介します。

骨が若返り物質を出し、全身に影響を与えている

ヒトは生きていると、心臓のポンプで血液を全身に巡らせています。

その血液の中には、肺で取り込まれた酸素、胃や腸で消化された食べ物の栄養素が含まれていて、全身に届きます。

食べ物を消化するためには、胃やすい臓などから消化液が分泌されます。

不要なものは体外に排出されたり、貯蔵されたり。

 

自分の意志とは無関係に、臓器がせっせと働いてくれています。

で、それらの働きは、脳からの指令によって行われると、漠然と思ったりしていませんか?

 

実は脳からだけでなく、臓器同士が指令を出して、機能していることもあるそうです。

 

臓器の一つである骨も、体を支えるだけでなく、メッセージ物質を出し、全身に影響を与えていると言われています。

 

骨は若々しさに影響を与えている

あの白くて硬い骨から、メッセージ物質を出し、血液にのって全身に影響を与えています。

 

記憶力に影響

骨からのオステオカルシンというメッセージ物質が、脳の海馬に届くと、脳が「記憶しよう!」と働くようになります。

 

免疫力に影響

免疫は肺炎やガンなど、多くに病気に関係していますよね。

オステオポンチンというメッセージ物質が、免疫細胞の素まで届くと、免疫細胞の量が増えます。

 

筋力アップ

 

 

精力アップ

 

 

どれもヒトが健康に生きていくには大切なことですよね。

 

特に免疫力が衰えると、病気しやすくなりますし、筋力が衰えると血流にも影響するでしょうし、体のラインもたるんだりします。

 

骨から美肌にする何かが出るわけではないですが、身体機能の若々しさが、ゆくゆくは肌への影響するといえますよね。

 

つや子
つや子
健康な体でいるために、骨の存在って大きいのね。
美肌さん
美肌さん
健康な体あっての若々しさだからね。

 

 

大事な骨はどうやってつくられる?丈夫な骨を作るために必要なことは?

つや子
つや子
骨と言えば、カルシウム。あと、たんぱく質も必要よね。
美肌さん
美肌さん
それだけじゃないわ。

 

カルシウムやたんぱく質以外に、骨が作られるために必要なこと

骨は毎日、壊されて作られています。

だいたい3~5年で全身の骨が入れ替わると言われています。

 

日々、破骨細胞により骨が分解され、カルシウムが放出され、骨芽細胞によって骨が作られるのです。

 

で、その骨が作られる時、材料となるカルシウムやたんぱく質以外に、骨に衝撃が加わることが非常に大切だそう。

 

骨に衝撃が加わることで、「骨を作れ」というメッセージ物質が放出され、骨が作られるそうです。

 

つや子
つや子
なるほど、だから丈夫な骨のためには運動が必要なのね。

 

 

美肌さん
美肌さん

運動も、なんでもいいわけではないのよ。

 

 

骨を作るために良い運動は、歩く?それとも水泳?

健康なのため、美容のために適度な運動が必要と、よく言われますよね。

歩くことは手軽ですし、水泳も関節などに負担が少ないので、より多くの人に適した運動です。

 

つや子
つや子
どっちだろね。

 

骨を作るという点では、歩くことがおすすめです。

縄跳びや、その場でジャンプするのでもOK。
逆に水泳では、骨に衝撃が加わりにくいからです。
自転車も衝撃が加わりにくいので、可能であれば歩いて移動することが、骨のためには良いと言えます。

 

美肌さん
美肌さん
食事と一緒で、偏らずいろんな運動をするのがいいのよ

 

 

※筋力アップなど全身運動としては、水泳も自転車も良い運動です。
※骨に衝撃が加わりにくい水泳や自転車ですが、運動をしないよりは、骨を作るためには良いです。体に痛みのある人は、無理に歩いたりせず、負担のない方法で運動しましょう。

 

 

一番大切なことは、「続ける」ということです。

動いていれば、骨から「骨を作れ」というメッセージ物質が出て、骨が作られます。

 

丈夫な骨が作られれば、筋力や免疫力がアップし、若々しさを保つことに繋がります。

病気せず、筋力が保たれれば、運動を続けることができ、丈夫な骨を作ることができます。

 

加齢とともに体が衰えていくわけですが、気力まで無くなる前に、早めに運動を習慣づける必要がありそうですね。