栗九の曲げわっぱのおひつが、我が家で今年買ってよかったものNO.1です。

 

まだまだ2018年続くんですけどね、でもわっぱのおひつが1番です。それくらい、買ってよかったです。

 

ご飯が美味しくなるとは言うけれど、

手入れは難しくないかな?

おひつに入れたご飯は傷みにくいの?

 

気になるところをレビューしたいと思います。

ご飯を鍋で炊く人の強い味方、おひつ

鍋でご飯を炊く人が増えましたよね。我が家も、かれこれ5年、無水鍋や土鍋でご飯を炊いています。

今まで使っていた炊飯器より、美味しく炊きあがるので、やめられませんっ。

 

ただ、炊飯器と違って保温機能は無いので、時間が経てばご飯は冷めていきます。冷めるだけならいいのですが、熱いごはんの蒸気が水滴に変わり、ごはんがベタつくのがデメリットです。

 

そこで、炊き上がったご飯を、おひつに移しておくと、余分な水分をおひつが吸い取ってくれます。ごはんがベタつかず、美味しく食べられます。

 

木でできたおひつの他に、セラミックでできたおひつも売っていますね。セラミック素材のいいところは、レンジを使ってご飯の温めなおしができるところ。

 

 

見た目も美しい曲げわっぱのおひつに

実は、ご飯を鍋で炊きはじめたころ。セラミックのおひつを使っていたことがあります。でも、使い方がわるいのか、相変わらずご飯のべたつきに悩むことに。

そんな時に知った、栗九さんの曲げわっぱのおひつ。

 

やっぱり、木製のおひつかな??

わー、曲げわっぱのおひつ、見た目がすごくキレイっ!!

ひぃ~っ、高いっ。

まあ、おひつ無くても過ごせるしな。

キレイー。

手入れが大変そう。

カビたりせんかな?

でも、キレイやなー。

やっぱ、木製やな。

いやいや、買わんでも過ごせるやろ。

というより、高いな。買われへんっ。

 

っていうのを、2年ほど繰り返してました。買って後悔した場合、ダメージのデカい金額ですから。

 

 

おひつを実際に見る為に実演販売に行ってみる

 

栗九さんのお店は秋田県にあるのですが、各地の百貨店でも実演販売もされています。もう、ごちゃごちゃ悩んでもしょうがないので、実演販売に行って、現物を見て考えよう。

ということで、高島屋に。

 

東北物産展のコーナーの一つに、栗九さんのブースがありました。わっぱのお弁当箱とともにおひつも並んでました。わーっ、キレイ~。

女性の方が、親切に私の質問に丁寧に答えてくださって、取り扱い方も教えてもらいました。

「うん、これなら、使っていけそう。」ということで、購入決定。

 

ちなみに実演販売の日程は、公式サイトでチェックできますよ。

栗九さんの公式サイトはこちら

 

 

曲げわっぱのおひつを洗うときのお約束

 

一番最初は、まずは洗います。

洗う時は、絶対に洗剤は使わない!!
洗剤はご法度です。つかっちゃダメ。
そして、洗うスポンジも、おひつ用に柔らかいものを用意します。フライパン洗った後のスポンジを、水ですすいで洗剤を流して使うとかもナシ。
柔らかいスポンジでなくても、手ぬぐい等の布でもよいそうです。私はアクリルたわしを使っています。
一番最初の下準備は、これだけです。もう、ごはんを入れる準備完了。
炊き上がったご飯を入れるとき、最初の2~3回は水で濡らしてからご飯を入れます。
そのあとは、おひつが乾いたまま入れても大丈夫。そんなにくっつきません。
おひつの側面と底が、直角でなくカーブなので、もし米粒がくっついても取りやすいです。

洗ったあとは、キチンと乾かそう

おひつのご飯が空っぽになったら、また水洗い。

米粒や、ごはんのぬめりを、キレイに柔らかいスポンジなどで水洗いします。そして、布巾で水気をふきます。
ポイントは良く乾かすこと。木製ですからね、キチンと乾かさないと、カビの原因になりますよね。
でも、心配無用。簡単に素早く乾かす方法があります。
それは、電子レンジで1分チン。
この電子レンジが使えるところが、栗九さんのおひつのいいところです。金具を使ってないので、電子レンジに入れてもバチバチなりません。
おひつのフタをして、500w~600wで1分加熱します。そして、取り出してフタを開けると、蒸気がふわ~っと出てきます。蒸気とともにおひつの水分が抜けていき、早く乾くんです。
金具を使ったおひつは、洗った後、お湯を回しかけて「湯切り」という作業をして、水分の蒸発を促します。それが、電子レンジでできるので、お湯を沸かすてまもなく、とってもラクちん。私が購入にいたった理由の一つです。
ちなみにこちら、レンジから出した直後。まだ表面が濡れています。
そして、30秒ほど経つと・・・
どんどん水分がぬけて、表面が乾いてきます。白いラインで囲んだところが、まだ表面に水分が残っているところ。
木製のものは、乾きにくくてカビが生えやすいイメージがありますけど、このスギでできたおひつは、予想以上にはやく乾きます。
あとは完全に乾かすために、斜めに傾けて置いて乾かします。このときおひつを伏せておいてはダメ。水分が蒸発しにくいですから。
本当はもうちょっと斜めに傾けた方がいいのかもしれませんが、とりあえずラップを利用。
キレイに水洗いして、あとは拭いて、フタしてレンジで1分加熱。その後はフタを開けて置いとくだけなんで、わりと簡単に扱えます。

どの大きさを買ったらいいの?

栗九さんのおひつには、2合・3合・3合浅型・5合・5合浅型があります。
大きさは、各家庭のご飯を炊く量によるのですが、いつも夜ごはんの時に3合炊く我が家は、5合のおひつを購入。
3合炊いて、おひつに入れたらこんな感じ。
そんなにスッカスカじゃないでしょ。ゆとりもあっていい感じに入ります。5合炊いたらスリキリいっぱいになりました。
毎回3合くらい炊く、これから食べる量が増えるなら、5合のおひつがおすすめ。
ただし、おひつは大は小を兼ねると思うことなかれ。
お茶碗1杯にも満たないごはんを、大きなおひつで保存すると、ごはんが乾燥してしまうことがあるそうです。ですから、少ししかご飯を炊かないとか、おひつに入れるのは、余ったご飯だけという場合は、小さめのおひつの方が良いと思います。
ちなみに、大きなおひつにちょこっと残ってしまったご飯は、お茶碗などにとって冷蔵庫に入れることをおすすめされました。

おひつに入れとけばご飯が傷まないの?

スギの抗菌効果で、おひつに入れたご飯は2~3日傷まないというのを聞いたことがあります。

でも、最近の夏は暑いしねぇ~。住まいの気密性も高いし。どうなのかしら。

購入時に聞いたところ、「最近の異常な暑さでも、丸一日はまず大丈夫!」だそうです。

結局、食べ物が痛む原因の一つは、余分な水分があるから。おひつ余分な水分をとってくれるので、傷みにくいんだそうですよ。

実際、うちの家族のお腹も無事です。

 

 

栗九さんから聞いたアドバイス

我が家は、キッチンがそんなに広いわけではないので、5合のおひつ(直径23cm)を買いました。でも、5合浅型(直径26cm)は面積は大きくなるけど、酢飯を作ったりする飯切りにも使えるのだそう。家でお寿司を手作りする機会は、そう多くないでしょうから、おひつが飯切りに使えるのは、嬉しいですよね。

 

ただし、酢飯や炊き込みご飯など、白米でない物をおひつに入れるのは、1年経ってからならにしてくださいとのこと。

 

それから、われたり、かけたりしても、修理もしてくれるそうです。

 

 

おひつのある暮らしをしてみて思ったこと

 

「もっと早く買えばよかった。」

この一言につきます。

 

このおひつに不満なところが一つもないです。取り扱いも簡単だし、本当にご飯が美味しくなるし、満足満足。

冷めたご飯も美味しい。ホカホカご飯だけが白飯の醍醐味ではないんやで。

 

スギの香りは、2~3回ほどはしっかりしましたけど、それ以後はほのかに香るのみ。

息子はにおいにも敏感で、偏食気味なんで、おひつのご飯食べられるかちょっと心配でしたが、「美味しい~」と食べてくれてます。

むしろ、おひつに入れてすぐよりも、おひつでしばらく寝かされたご飯を欲しがります。

 

それから、食卓におひつを置いておけば、お代わりも自分でよそってくれます。以前は、土鍋だったので、蓋も重くて熱いので、自分ではやりたがりませんでした。でも、おひつのフタは軽いし、熱くない。しかも程よく冷めているので、食べやすい。

 

 

そして、おひつ生活を初めて、圧倒的に減ったものは、ラップの消費量。余ったご飯はラップで包んで冷凍してましたが、夜炊いて翌日の昼には食べきるので、冷凍いらずです。

我が家の小さな冷蔵庫にはありがたいことです。

 

 

おまけ:栗九さんから聞いた妙にほっとした話

 

おひつを買ったときに、小さめのしゃもじを下さったんですね、同じ木製の。

それまで、我が家はプラスティック製の、表面ボコボコの米粒くっつかないしゃもじを使ってました。

あっ、もしかしたら、おひつにはプラスティック製のしゃもじって良くないのかな?木のしゃもじの方が、あたりがソフトやし・・・。

そんなことが、頭によぎりました。

 

でも、栗九さんが、

「普段は、プラスティックのしゃもじ使ってるんですけどね。お客さんが来たときは、雰囲気がいいので、木のしゃもじ使うんです~」

 

プラスティックのしゃもじ、使いはるんやな~と、何か勝手にほっとしました。