キレイな肌と言われたい

キレイな肌と言われたい

記事一覧

「今年こそは絶対に焼かない」知っておきたい紫外線対策

もう、日焼け止めクリームは買いましたか?

去年使ってた日傘、奥の方にしまい込んでませんか?

 

「焼きたくない」と思いつつ、ついついうっかり日焼けしてしまう方必見です。紫外線の恐怖であおりつつ、紫外線対策をご紹介したいと思います。

この記事の続きを読む

キレイな肌になるためには肌断食するしかないのか

スキンケアというと、化粧水だったり美容液やクリームでケアする方法が思いつきますよね。そして、どのスキンケア化粧品を選べばいいのか悩むところ。

 

でもそれ以前に、スキンケア化粧品をつけるのか、つけないのか、そういう選択肢もありますね。この真逆の方法ですが、キレイな肌になるためにはどっちがいいのでしょうね。

この記事の続きを読む

はじめまして、こやつやこです。

自己紹介します

はじめまして、古屋つや子です。

まもなく40歳をむかえる、ごく普通の主婦です。ちなみに夫と息子が一人いまして、関西在住です。

 

ものぐさにもかかわらず「ていねいな暮らし」に憧れてみたり、好きなサッカークラブの試合の結果で、朝の気分がちょっと上がったり下がったり、それなりに楽しく暮らしておるわけです。

 

美肌になりたいと思う

楽しく暮らしてましてもね、気が付けば体や肌に、

「なんか、今までとちがう・・・」

ということが増えてきました。

 

 

そしてとどめは息子のこの一言。

「おかあさんのほっぺたは、なんでボコボコなん?」

 

(;゚Д゚)『へ?え?ボ、ボコボコって・・・』

 

息子の純粋な目に、そううつるということは、まぎれもない事実なんでしょうよ。

私だって、気が付いてましたよ、鼻も頬も毛穴が目立ってるの。昔、喫煙歴もありましたからね・・・。

 

まあ、ショックではあったんですけど、ここでつや子の数少ない長所が発動。

「もう歳だから・・・」って理由であきらめたりはしません。

そもそも、飽きっぽいところはあるんですが、興味のあることはなんとか改善しようと、あれこれやり続けたりします。逆に言えば、あきらめが悪いということですけど(あれ?短所が増えたな)。

 

それまでは、なんとなくでスキンケア化粧品を選んで、なんとなくケアしてましたが、息子の一言をきっかけに、ちょっと真面目にスキンケアについて考えるようになりました。

 

「この成分はダメ」「これは肌に刺激になる」と気にして「使える化粧品が無いやんっ」と八方ふさがりになったこともありました。

「これ、めっちゃ角質取れる~」とクレンジングをやり過ぎて、少しの汗で顔がかゆい夏も過ごしたこともあります。

いろいろと失敗もありましたが、おかげさまでボコボコも少しマシになってきました。

 

楽しくマイナス5歳肌を目指します

スキンケアやメイクって、本来は楽しいことではありませんか?新しいものを使うときなんかは少しワクワクしたり。

 

でも時代の流れは「○○フリー」「□□不使用」とか悪者成分が誕生していて、スキンケア化粧品を選ぶのもどこか窮屈になってませんか?成分を気にするあまり、使用感や自分の好みが二の次三の次になってしまったりしてませんか?

 

以前に別のブログをやっていたんですが、スキンケアの事を色々調べていくうちに、もっとわかりやすくしたい、この記事は追記が必要だと感じることが多くなってきました。そして、スキンケアは毎日することですから、楽しみながらできた方がいいよねってことで、新たにこちらで始めることにしました。

ワードプレスに四苦八苦して、この先大丈夫か?という不安はこっそり心の奥にしまいつつ、素人つや子が発信していきたいと思います。

 

二十歳の頃の肌とは言いません、今よりちょっとだけ若い「マイナス5歳肌」を目指し、のほほんとブログを始めます。

つや子
つや子
上から読んでも下から読んでも 「こやつやこ」。どうぞよろしくお願いします。