セラミドを増やすスキンケア化粧品があるそうです。

 

それも、年齢とともに減ったセラミドを、ヒト型セラミドで補うのではなく、肌自身がセラミドを生み出す量を増やすそうな。

 

なんでも、ライースリペアというスキンケア化粧品に含まれる、ライスパワーエキスという成分がすごいらしいです。

あっ、でもライスパワーエキス配合の化粧品、他にもありましたね。ライスフォースとかは結構前からあるし、米肌というのもよく見かけます。

 

ライースリペアは、なぜセラミドを増やすことができるのか、他社製品との違いは何か、ヒト型セラミドを補うケアと何がちがうのかなど、色々調べてみました。

セラミドを生み出すってどういうこと?

  • セラミドは肌の保湿には重要な成分
  • 肌にもともと存在する成分

というのはずいぶん知られていますよね。

 

セラミドは、肌の表皮の中でも一番表面にある、角層に多く存在しています。

そして、角質細胞同士をつなぎ合わせる役目もしていて、外部からの刺激から肌を守るバリア機能の一員です。

さらには、保水力にも優れているので、体の内側の水分の蒸発も防いでくれます。

 

そして、そのセラミドはどこからやってくるのかというと、肌がターンオーバーによって入れ替わる過程で、生まれるのです。

 

<正常な肌のターンオーバー>

細胞はターンオーバーによって、上へ上へと押し上げられていきます。そして、角質細胞に変わるときにセラミドが放出される仕組みです。

 

そして、セラミドは細胞間脂質の一つとして、角質細胞の間を満たしています。

 

ところが、残念なことに肌のセラミドは、加齢とともに減ってきます。

セラミドが減れば、当然肌は乾燥するし、バリア機能の低下にもつながります。

若いころより、肌が敏感になったと感じるのも無理はないわけです。

 

そこで、肌の乾燥を防いだり、バリア機能低下を防ぐために、ヒト型セラミド配合の化粧品で「補うケアをする」のが効果的なわけです。私も、ヒト型セラミドの良さは実感しています。

 

ところが、ライースリペアというスキンケアは「補うケア」ではなく、自分でセラミドを生み出すようにするケアだそう。

 

ヒト型セラミドは、人の肌にあるセラミドに近い構造をしているのですが、全く同じということではないんですよね。

でも、自分でセラミドを生み出せば、当然肌と同じセラミドが増えるわけです。うん、とっても魅力的ですね。

 

セラミドって、食べ物ではなかなか増やすことができないのですが、スキンケアで増やせるのものなんでしょうか?

 

 

セラミドが増えるのは、ライースリペアのライスパワーエキスNo.11の効果

実はライースリペアというスキンケア化粧品は、化粧品会社が作ったものではないのだそう。勇心酒造というお酒の製造会社がつくったもの。

ちなみにライースリペアとはこんな商品。



お米のエキスを配合した商品にしては、珍しくパッケージがブラウン。

ライースという商品名からもわかるように、お米に由来した化粧品です。

お酒の原料となるのはお米ですよね。

 

勇心酒造さんは、酒屋としての100年以上の醸造発酵技術と、30年以上のお米の総合利用研究によって、肌に良い成分であるライスパワーエキスというものを発見したそうです。

お米のプロだからできたことですね。

 

ライスパワーエキスNo.11は効果を証明されたエキス

ライスパワーエキスは、その名の通りお米からできていますが、麹菌や酵母、乳酸菌などの発酵法の組み合わせによって、現在36種類のライスパワーエキスがあります。

36種類のライスパワーエキスがあって、それぞれちがう働きがあるようです。

そのうち11種類のライスパワーエキスが、化粧品やヘアケア製品、飲料などの製品に実用化されているそうです。

 

そして、その中の一つ、ライスパワーエキスNo.11は「皮膚水分保持能改善」という効果を持つ、世界初の有効成分として2001年の9月に厚生労働省より、承認を受けています。

 

肌を整えるといったレベルではなく、効果がある成分として認められているんですね。

 

それにしても、酒屋さんから世界初の成分が発見されるなんてすごいですね。

 

 

ライスパワーエキスNo.11がセラミドを増やす理由

ライスパワーエキスNo.11は浸透性に優れています。肌の表面を潤すのはもちろん、ライースのライスパワーNo.11は肌の奥、基底層にまで働きかけることができるのだそう。

実際に、公式サイトを見ても、「※基底層まで」という表示があります。

 

今まで「※角層まで」しか見たことなかったのに。

 

肌の表面を整えることは、割りと簡単ですよね。乾燥していればオイルやクリームを塗ればしっとりします。油っぽいなと思えば、あぶら取り紙で余分な皮脂を取り除いて、パウダーを重ねれば、サラッと整います。洗顔すれば一発です。

でも、それは肌の改善にはつながりませんよね。

 

表皮の細胞が生まれる、基底層まで届かないと、肌自体の改善はできません。

基底層は、表皮の一番下にあって、新しい細胞を生み出すのですが、年齢とともに基底細胞自体の能力が衰えていきます。

 

ライスパワエキスNo.11は、基底層まで届き、健康な細胞が生まれるように、促してくれるそうです。

健康な細胞で満たされた肌は、ハリや弾力があるだけでなく、ターンオーバーの正常化にもつながり、セラミドを作る力も高まります。

 

その結果、角質細胞の間を、セラミドなどの脂質で満たすことができ、バリア機能も強固なものになります。

また、水分の蒸発も防ぐことができるので、肌の水分保持能も改善されるということです。

 

よく、「肌本来の力を引き出す」という言葉を聞きますよね。ライースリペアのライスパワーNo.11は、まさにそれができるスキンケアということですね。

つや子
つや子
肌の細胞ができる場所に働きかけることで、健康な細胞を生み出すことで、セラミドを増やすという仕組なのね。

 

ライスフォース、米肌もライスパワーエキス配合してるけど、違いは何?

ライスパワーエキスNo.11は2001年に有効成分として承認されていて、そんなに新しい成分というわけでもないです。ライースリペアだけでなく、他社からも、ライスパワーエキス配合の商品が作られています。

 

ライスフォースは結構前から販売されてますしね。私もずいぶん前に使ったことがあります。

 

産後間もないころで、どう肌が変わったとか、じっくり感じる暇もなく、2カ月ほど使って、他のオールインワンゲルにチェンジ。

今で言うワンオペ育児だったので、化粧水つけて美容液、クリームという手間にギブアップでした。

そう安いものでもなかったので、今思えばもったいないことしました・・・。ごめんね、ライスフォース。

 

ライスフォースの使い心地の記憶は、忘却の彼方。米肌は使ったことがないので、使用感の違いはわからないのですが、公式サイトを拝見したところでは、基底層まで届くかどうかが大きな違いのようです。

 

ライスフォースも米肌もケアできるのは、角層までのようです。

つや子
つや子
同じライスパワーエキスNo.11を配合しているのに、なんでちがうの?不思議ねぇ。

 

ライスパワーエキスNo.11は、天然の発酵物なので、取り扱いが難しい成分だそうです。で、その成分を開発し、特性を知り尽くしているからこそ、ライスパワーエキスNo.11の効果を発揮し、浸透力を最大限生かせる処方ができると、勇心酒造さんはおっしゃいます。

開発者ならではの技術なんですね。

 

年齢とともに、肌が衰えてくるのは仕方ないと思っていたので、基底層に働きかけて、健康な細胞作りを、促してくれるのはとてもありがたい。

肌の悩みを根本から解決してくれそうですよね。

 

ライスパワーエキスでセラミドを自ら生み出すのか、ヒト型セラミドで補うのか、どっちがいいの?

セラミドの減少は、肌の乾燥だけでなく、バリア機能の低下にもつながります。

年齢とともに減っていくセラミドを、どうやってキープしていくかが、美肌になるためには、割りと重要なところです。

じゃあ、ライスパワーエキスでセラミドを生み出すのと、ヒト型セラミドで補うのと、どちらが効果的なんでしょうか。

ちょっと調べてみましたので、それぞれメリットとデメリットをご紹介しますね。

 

ライスパワーエキスNo.11のメリットとデメリット

メリット

  • 肌と同じセラミドを増やすことができる。
  • 基底細胞に働きかけ、健康な細胞を生み出すことで、セラミドが増える仕組みなので、肌自体がキレイになる。

 

デメリット

  • ライスパワーエキスNo.11は角質も潤すことができるが、ターンオーバーによって、健康な細胞に入れ替わり、セラミドが増えるまで少し時間がかかる。

 

 

ヒト型セラミドで補うメリットとデメリット

メリット

  • 素早く角質層に、セラミドを補給することができる。
  • 商品の選択肢が多い

 

デメリット

  • 「肌のセラミドに近い構造」であって、全く同じではない。
  • 配合されるセラミドの量や、種類によって効果は異なる。

 

どちらも、メリットはデメリットはあるようです。あとは、他に配合されている成分によって、使用感も異なってきますね。

 

 

ライースリペアは敏感肌にも使えるの?全成分は?

乾燥したり、敏感になっている年齢肌に、ライスパワーエキスが有効なのはわかりましたが、刺激があって使えなければ、いくらセラミドを増やしてくれても、全く意味のないものとなりますよね。

 

ライスパワーエキスの安全性は?

ライスパワーエキスは、そう新しくはない成分ですが、古くから使われている成分で、「実績から安全と思われる」というわけでもなさそう。

つや子
つや子
肌荒れを起こすと、回復にも時間がかかるお年頃だし。安全性は気になるね。

 

ライスパワーエキスは、皮膚刺激性試験で、蒸留水と同等以上の安全性が確認されているのだそう。

 

そして、エキスの開発時に官能試験にも力を入れたそうです。数値的に保水効果があるとわかっても、使った人が違いを感じなければ、満足してもらえるスキンケア化粧品とはなりません。
何度も試験を繰り返すことで、肌にしっかり変化を感じられるものに仕上げたそうです。

 

 

また、まれに米アレルギーのかたもいらっしゃいますよね。

ライスパワーエキスは、アレルゲンとなる抗原を、ほとんど取り除いているので、米アレルギーの方でも使うことができるそうです。

ただし、事前にパッチテストをすることがおすすめ。

 

ライースリペアの全成分は?

基本となる化粧水、美容液、クリームの3種類の全成分をご紹介します。

 

  • ライースリペア インナーモイスチュアローションNo.11

有効成分

ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)

 

その他の成分
水、エタノール、1,3‐ブチレングリコール、ジプロピレングリコール、濃グリセリン、トリメチルグリシン、メチルパラベン、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、2‐アミノ‐2‐メチル‐1,3‐プロパンジオール、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール(25E.O.)(30P.O.)、クエン酸ナトリウム、精製大豆レシチン、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、グリチルリチン酸ジカリウム、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル、植物性スクワラン、カミツレ油(2)、水酸化大豆リン脂質、アルカリゲネス産生多糖体、ショ糖脂肪酸エステル、天然ビタミンE、クエン酸

 

  • ライースリペア インナーモイスチュアエッセンスNo.11(美容液)
有効成分
ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)
その他の成分
水、デカメチルシクロペンタシロキサン、エタノール、濃グリセリン、メチルポリシロキサン、1,3‐ブチレングリコール、ジプロピレングリコール、ポリオキシエチレン・メチルポリシロキサン共重合体、ポリオキシエチレンセスキステアリン酸メチルグルコシド、2‐エチルヘキサン酸セチル、オリブ油、ポリオキシプロピレンメチルグルコシド、セスキステアリン酸メチルグルコシド、ポリアクリル酸アミド、ポリオキシエチレンステアリルエーテル、バチルアルコール、軽質流動イソパラフィン、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、メチルパラベン、キサンタンガム、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、ポリオキシエチレンラウリルエーテル(7E.O.)、天然ビタミンE、グリチルリチン酸ジカリウム、エデト酸二ナトリウム、植物性スクワラン、オレンジ果汁、モモ果汁、カミツレ油(2)、クエン酸、水酸化ナトリウム

 

  • ライースリペア モイスチュアクリーム(クリーム)

有効成分

ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)

 

その他の成分
水、1,3‐ブチレングリコール、2‐エチルヘキサン酸セチル、植物性スクワラン、メチルポリシロキサン、濃グリセリン、ホホバ油、メドウフォーム油、自己乳化型モノステアリン酸グリセリル、ミリスチン酸ミリスチル、ミリスチルアルコール、ステアリン酸、N‐ラウロイル‐L‐グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2‐オクチルドデシル)、エタノール、モノオレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.)、モノステアリン酸ソルビタン、トリメチルグリシン、バチルアルコール、N‐ステアロイル‐L‐グルタミン酸ナトリウム、メチルパラベン、オレンジ果汁、天然ビタミンE、ブチルパラベン、プロピルパラベン、エデト酸二ナトリウム、疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース、モモ果汁、キサンタンガム、ノバラエキス、クエン酸、クエン酸ナトリウム

 

全て医薬部外品ですので、一番最初に有効成分が表示されています。ライスパワーエキスが、一番たくさん配合されているわけではありません。

 

医薬部外品は、有効成分の表示義務はありますが、その他の成分については、全表示の義務はありません。

けれど、公式サイトできちんと全表示してくれるのは嬉しいところですね。

 

 

さて、注目するところは、ライスパワーエキスNo.11が、すべてに配合されているところですね。

 

スキンケア化粧品って、肌に良いとされる成分が入っていることは、もちろん大切ですけど、その商品の使用感も、使い続けていく上では重要です。

化粧水、美容液に、クリームも全部使用感が気に入ればいいですが、そうでないこともありますよね。

勇心酒造さんは、ライン使いすることをおススメされていますが、好きなものだけ選んでも、ライスパワーエキスの恩恵にあやかれるのはありがたい。

 

あと気になるのは、エタノールが配合されていること。

これは、よく化粧品に配合されている、一般的なエタノールを配合していて、勇心酒造さんが作ったお酒が入っているわけではないそうです。

アルコール過敏症の方は、念のためパッチテストが必要ですね。

 

コスメカウンターで、美容部員のお姉さんが、化粧水などを付けてくださる時に、稀にですが、ものすごいアルコールを感じることがあります。

そんな感じでなければいいな・・・。

 

 

ちょっと気になる点もありますが、実は夏の暑い時期から、このライースリペアを使うのを楽しみにしていたんです。

暑いときは、皮脂と汗との戦いでしたからね。気温も下がって寒くなってきたら使ってみようと思ってました。

 

基底層まで届いて、健康な細胞を作って、セラミドを増やしてくれるならすごいな~と、ものすごく期待してるんです。

つや子
つや子
肌が丈夫でキレイなら、ファンデーション選びで悩まなくていいし、メイクももっと楽しめそう。

ライースリペアは、ちょっとお高いんですが、トライアルキットが販売されているので、まずはそちらを購入してみようと思います。

 

ええ、ライースリペアが気に入ったとして、今後も使い続けられるのかとか、そんなの気にしませんよっ。

手軽に試せるトライアルキットは、通販限定だそうで、40代の希望を背負った勇心酒造さんの公式サイトはこちらです。
↓   ↓