今日は美容ネタではなく、毎日の食事作りをラクにしてくれる、買ってよかったキッチングッズのお話です。

 

「ストレスは美肌に大敵」ですから、食事作りがラク=料理のストレスが減るってことで、回り回って、美肌には役立つ、はず(^^;)

 

せいろを購入するまで

せいろとは、木製の蒸し器。

むすこは「肉まんのやつ」と呼びます。でも、家で肉まん蒸したことないんやけど。

 

もともと我が家は、蒸し器は持っていなくて、深型のフライパンに蒸し目皿を置いて、蒸し物をしていました。

蒸し目皿

 

テフロンのフライパンを使ってましたから、時々買い替えるのですが、2年ほど前に浅型のフライパンにチェンジ。

 

あっ、蒸せんわ(;´Д`)

フライパンが浅くなったおかげで、蒸し物ができません。

 

もちろん、手持ちの鍋に蒸し目板を置くことはできます。でも、そんな大きな鍋は持ってないので、一度に蒸すことができる量も減ります。

 

ということで、蒸し器を探すことになりました。

 

でも、蒸し器って大きいですよね。我が家の狭い台所には、収納する場所がありません。ですから、自然とステンレス性の蒸し器は、選択肢から消えます。

同じ理由で、電気で加熱するタイプの蒸し器も消えます。

 

残るは、木製の蒸し器、せいろ

軽いで、棚の上に収納しても、問題なさそう。でも、木製ってことは、手入れが大変そう。すぐカビそう、な気がする。

 

でも、ネットでの口コミを見ていると、なかなかポジティブなこともありました。

  • 手入れはササッと拭くだけ
  • 2段3段調理ができる
  • そのまま食卓に出せる

 

おおっ、こいつは素晴らしいヽ(^o^)丿

狭いシンクで、大きな鍋を洗う必要もないし、別の料理が一度にできるし、品数もなんかごまかせそうな気がするっ。

 

もう、気持ちはせいろにガッツリ傾きました。まあ、他に選択肢も残っとらんわけですが。

 

あとは、カビたりしないかが心配ですが、そんなにジャブジャブ洗うわけでもないようだし、大丈夫かな??

 

その後も、口コミを読み漁り、せいろを購入することに決定。

 

 

手ごろな価格でせいろを購入

せいろも、価格が高いものから安いものまで色々ですが、今回は初めてのせいろということで、比較的買いやすい値段のものにしました。

 

こちら。


楽天ショップの和装工芸 かごやさんで購入しました。

サイズは21センチのものです。ふたとせいろ1段のセットにもう一段せいろを追加で購入。

 

かごやさんでは、せいろと鍋をセットにしたものも販売されてますが、鍋もそうそう増やしたくはないので、今回はせいろのみ購入。鍋は手持ちのものを使うことに。

 

手持ちの鍋を使う時、問題なのは「せいろと鍋のサイズが合うかどうか」です。

せいろが鍋より小さいと、当然せいろが水没しますよね。逆にせいろが鍋より大きいと、せっかくの蒸気が、せいろの下から漏れてしまいます。

 

そんなせいろと鍋のサイズ問題を、一気に解決してくれるのが、蒸し板です。

蒸し板とは、真ん中が空いたドーナツ状のステンレスの板です。

これを鍋の上において、せいろをのせれば、せいろと鍋に大きさの違いがあっても、ある程度は問題なく調理できます。

 

しかし、私の購入時には、蒸し板は売り切れ(*_*)

 

う~ん、どうしようか・・・。

あっ、あれや、あれがあったわ(゚Д゚)

 

 

今まで使っていた蒸し目皿。

これを手持ちの鍋にのせれば・・・

 

うん、なんとか行けそう。

ちなみに手持ちの鍋は、無水鍋の20㎝。鍋の外径は22㎝なので、21㎝のせいろが置けないことはなさそう。でも、鍋の側面は凹凸があって、そこに丁度せいろが、はまればいいけれど、そうでなければちょっと不安定になります。

 

 

蒸し目皿をのせて、フラットな状態にした方が安心。

 

ということで、せいろのみ購入したわけです。

 

 

結論:せいろは便利です

実際にせいろを直接鍋に置くと、くぼみにはまらず、少し不安定。あってよかった蒸し目板。

 

口コミ通り便利です、せいろ。

クッキングシートを敷けば、ほとんど汚れないので、手入れも簡単。ほんとサッと拭くだけ。とはいえ、蒸すことで水分を吸ってますから、キチンと乾かすことが大切。

使ったあとは、こちら。

吊戸棚にフックをかけてつるします。見た目にはいま一つですが、翌朝には撤去するので、よしとします。

 

21㎝と、そう大きくはないせいろですが、蒸しパンを作るときは、2段使えば、一度にたくさん蒸せます。

 

2段調理ができるのも本当に便利。

我が家はよく蒸し豚を作ります。500gほどの豚バラブロックに、塩を小さじ1ほど擦り込み、ラップで包んで一晩寝かし、翌日蒸します。その時に上のせいろで、芋を蒸かしたり、別の料理を作ります。先日は白菜を蒸して、あえ物にしました。

 

蒸すという調理法は、レンジ加熱に比べると、時間がかかります。でもその反面、失敗が少ないのが嬉しいところ。

私は、どうもレンジ調理と相性が悪いのか、なんなのか、上手くいきません。

(失敗を失敗で終わらせるのが、大きな原因)

蒸し料理は、そうそう焦げたりすることも無いので、ゆとりをもって他の調理にかかれるのも、助かってます。

 

これから涼しくなってくると、暖かい食べ物が嬉しいもんです。

せいろで白菜と豚肉の重ね蒸しを作って、そのままテーブルに出して、あとはサンマの塩焼き、なんかのあえ物、味噌汁、ごはん。

 

せいろで蒸し野菜、そのままテーブルにどんっ、なんかのお肉を焼いて、あとなんかと、味噌汁、ごはん。

 

あ~ラクちんやけど、美味しいごはん(´▽`*)

 

ありあわせの野菜を、切って蒸しただけで、立派な一品となり、テーブルを素敵に埋めてくれます。せいろを買ってから、蒸し料理が増えました。レパートリーは増えんけど。

多分、これから古屋家の週末は、こんなん増えそうです。

 

ほんとに便利です、せいろ。

そして、それ以上に、鍋に蒸し目皿がぴったりで、嬉しかった喜びを皆さんにお伝えしたい。