毎日の食事でたんぱく質をしっかり摂ることが、健康や美容の面だけでなく、心にも大事だということを、こちらで紹介しました。

たんぱく質は筋肉を作るだけじゃない!幸せになりたいなら肉を食べろ!

 

茹で卵や、温泉卵、サラダチキンなどは、時間のない朝ごはんの時にも、簡単にたんぱく質を補うことができるので、我が家の冷蔵庫には常備してあります。

 

サラダチキンは、スーパーやコンビニでも買うことができますが、家でも作ることができます。

 

ですが、

 

どうも私がサラダチキンを作ると、そんなにしっとりジューシーにはできないのです。

作りたては、まだいいのですが、自家製サラダチキンを冷蔵庫に入れてしまうと、固くなってしまうんです。

 

上手にしっとり柔らかなサラダチキンが出来ないので、市販のサラダチキンを買っていました。

 

でも、節約食材の定番、鶏むね肉。

つや子
つや子
自家製サラダチキンの方が、安いよね。

 

 

私のズボラが役立ち、しっとり柔らかジューシーなサラダチキン~冷蔵庫に入れても固くならないよ~を作ることに成功しました。

 

ズボラが生んだしっとり柔らかジューシーなサラダチキンの材料

 

 

鶏むね肉1枚、コンソメキューブ1個、以上。

あとはお湯と、ジップ付きの保存袋です。

 

※使ったコンソメキューブは、1個でスープ300ccできると表示されてました。

一般的にも、キューブ1個=顆粒状コンソメ小さじ2杯になるようです。

 

冷蔵庫に入れても固くならない、自家製サラダチキンの作り方

1、70℃くらいにお湯を沸かす(湯気がもわっと沸き立つくらい)

 

2、保存袋に50ccほどのお湯と、コンソメキューブを入れ柔らかくする。

 

 

3、鶏むね肉をザシザシとフォークで刺す。

 

 

4、保存袋の上から軽く揉んで、コンソメキューブを溶かし、鶏むね肉を入れる。

 

 

5、空気をしっかり抜いて、保存袋のフタをとじる

焼き鳥屋では、必ず「皮」を注文するタイプなので、皮も使っています。

 

 

6、炊飯器に5とお湯をかぶるくらい入れて、70℃で60分ほど加熱する。

※我が家の炊飯器は、温度設定をして調理できる機能があります。

温度設定機能が無い場合は、保存袋に入れた鶏むね肉と、熱湯をかぶるくらい入れ、保温ボタンを押して60分でもできます。

 

 

7、炊飯器から取り出し、粗熱が取れてからスライス。

コンソメの調味液と一緒に保存します。

 

 

つや子
つや子
保存袋にお湯とコンソメと鶏むね肉入れて、あとは炊飯器にお任せ。

 

 

美肌さん
美肌さん
ホント、簡単ね。

 

 

そう、面倒なことはしたくなかったのです。

 

久しぶりに、自家製サラダチキンに挑戦してみようと、スーパーで思ったんですけど、家に帰ったら、なんとなく面倒になりまして。

 

つや子
つや子
あ~、塩とか砂糖とか量って、肉に擦り込んで、冷蔵庫で寝かせてから加熱か~。

 

急にやる気減退。良くあることです。

 

そんなことが面倒になるなら、最初っから市販のサラダチキン買えばって話です。

 

でも、鶏むね買っちゃったし。

 

つや子
つや子
そういえばポリ袋に入れて、煮魚作る方法あったな。

 

 

実際に作ったことは無いのですが、ポリ袋で煮魚を作る方法を、本で見たことはあったんです。

 

そして、コンソメは顆粒状チョイスの我が家、間違ってキューブを買ってしまってたんですね。

 

つや子
つや子
これは、キューブを消費するチャンス。

 

キューブを1個入れればいいので簡単、計量いらず。

 

鶏むね肉も、スープと一緒にじっくり加熱すれば、軟らかく仕上がるのでは?と思いつき、作ってみたら大成功。

 

朝、冷蔵庫から取り出しても柔らかくて、パンに挟んで食べても食べやすいです。

 

 

美肌さん
美肌さん
つや子さんのズボラも役に立つときがあるのね。

 

今回は、プレーンタイプのサラダチキンですが、ハーブソルトを適量まぶしても美味しくできました。

ハーブやスパイスは、スープの方に混ざってしまいますが、香りや風味はしっかり楽しめました。

ハーブソルトなど使う場合は、お湯の量を少し増やすか、キューブを砕くか、顆粒状のコンソメを使って、量を減らすのがおすすめです。