美肌になるために、避けられがちな合成界面活性剤。

でも、「洗浄を目的にした界面活性剤でなければ、心配しなくて大丈夫」ともいわれています。

同じ界面活性剤なのに、なぜなんでしょうね?

 

化粧品に界面活性剤はつきものですが、なぜ洗浄を目的としない界面活性剤は心配いらないのか、簡単な実験で検証してみました。

 

界面活性剤は、汚れを落とすだけのものではありません。

界面活性剤というと、洗剤のイメージが強いですよね。特に、食器用の洗剤の洗浄力の強さがイメージされて、刺激が強そう、肌に悪そうって感じがします。

 

けれど界面活性剤というのは、洗浄剤の事ではありません。

界面活性剤とは・・・

1つの分子の中に「水になじみやすい部分(親水基)」と「油になじみやすい部分(親油基)」を持つもの

 

つまりは、界面活性剤は、水にも油にもなじみやすいので、本来なら混ざらない水と油を、混ぜ合わせることができるもの、ということです。

 

この作用を利用して、ギットギトの油が付いた食器も、洗剤の界面活性剤の力で、キレイに水で流れていきます。
これが、おなじみの界面活性剤の「洗浄」という作用です。

 

洗浄以外にも、界面活性剤には乳化、分散などの作用があります。
さらには、界面活性剤の種類は数千にも上るといわれています。

 

化粧品に含まれる、洗浄目的ではない界面活性剤は心配しなくていいのか?実験してみました

化粧品で洗浄目的ではないものというと、クレンジングや洗顔料以外のものとないりますよね。美容液やクリームなどです。

 

なぜそこに界面活性剤が含まれているのかというと、水分と油分を分離せず混ぜ合わせるためです。
美容液と言っても、水分ばかりでないですし、クリームと言っても油分だけではありません。本来は混ざり合わない、水分と油分が配合されています。それらを分離せず、均一にまぜあわせる為に、界面活性剤が配合されているんですね。「乳化」が目的です。
ですから、いつ使っても同じ使い心地なんですよね。

 

そして、時々我々は、この乳化目的の界面活性剤におびえるんですよね。

 

「だって、油と水を混ぜ合わせるんでしょ。肌の水分や油分も奪っていくんでしょ?」っと。
界面活性剤の「水と油を混ぜ合わせる」働きを知ると、たとえ、それが乳化目的であっても、心配なわけですよね。
つや子
つや子
ホントに大丈夫??

 

界面さん
界面さん
どうも界面です。心配なら実験してみましょう。

 

ガッツリ洗浄力のある、食器用洗剤で実験してみました

  • 実験に使ったもの

  • 油性マジック
  • ホホバオイル
  • 食器用洗剤

の皆さん。

 

※食器用洗剤には

アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム

アルキルアミンオシド

という界面活性剤が含まれています。

 

  • 準備します

オイルと洗剤を混ぜます。

 

良くよく混ぜて乳化させます。

 

 

今回は2種類用意しました。

  • 左の皿は洗剤:オイル=2:1の洗剤多め
  • 右の皿は洗剤:オイル=1:2のオイル多め

 

  • では、実験

腕にマジックで線を引いて

  • 洗剤のみ
  • 洗剤多め
  • オイル多め
  • オイルのみ

を順番に線の上にのせます。

クルクルと20回、1円玉ほどの円を描くようになじませます。

そのあと、ティッシュペーパーで拭き取ります。

 

  • 実験結果

少しわかりにくいですが・・・。

 

一番よくマジックが落ちたのは、洗剤のみ。

逆に一番落ちなかったのは、オイル多め。

 

思ったよりオイルのみも、落ちました。そりゃそうか、油性ペンだもの。

 

オイルと洗剤混ぜたもの2種比べても、洗剤多めの方がマジックが落ちました。

 

  • 結果から分かったこと

今回の実験で分かったことは、「食器用洗剤の洗浄力はすごい!」ってことではありません。まあすごいのだけど。

 

強い洗浄力を持つ食器用洗剤でも、油分と乳化したあとは、洗浄力は劣る、無くなるのではないか?ということです。

 

今の食器用洗剤は、ほんとに油汚れに強いですよね。ちょこっとの量で良く落ちます。

それでも、永遠に落ちるわけではありませんよね。油汚れのひどいものなら、洗剤の付け足しも必要。

界面活性剤の力には、限界があるということです。

 

 

化粧品に含まれる、洗浄を目的をしない界面活性剤は心配いらない理由

洗浄力の強い界面活性剤であっても、その洗浄力には限りがあって、油分と乳化してしまえば、洗浄力は劣る、無くなるということがわかりました。

 

化粧品の場合は、食器用洗剤に使われるような界面活性剤は使われません。特に美容液や、クリームなどの洗い流さない化粧品については、肌への刺激が無い、安全な界面活性剤が配合されています。

 

 

美容液やクリームなどは、水分と油分が乳化し、商品の安定性が確保できれば良いわけです。キレイに混ざればOK。

 

水分と油分が乳化できる最低限の界面活性剤なら、乳化した時点で、界面活性剤の力は無くなるので、安心というわけです。

つや子
つや子
じゃあ、必要以上の界面活性剤が入っていたらどうなるの??
界面さん
界面さん
その場合は、肌に影響するかもしれないね。
でも、必要以上に界面活性剤を配合することは、無駄でしかないよ。
必要以上に界面活性剤を配合すれば、肌に影響するかもしれません。その上、コストもかさみますよね。

 

化粧品メーカーがそんな無駄なことをするのかな?と思うのです。

肌に刺激があるかもしれない、無駄なコストのかかる化粧品なんて、メーカーにも消費者にも魅力が無いですよね。

 

界面活性剤は、乳化した時点でその力は失われ、界面活性剤の配合量を見極めた化粧品は心配いらない。

そして、配合量の見極めは、化粧品の使用感だけでなく、コストにも影響するので、メーカーもきっちりやっているだろう、ということで、洗浄を目的としない、界面活性剤配合の化粧品は、心配せず使ってよしってことなんだと思います。