タグ:シミ
ホームPage 1 / 11

 

肌に塗るビタミンCは効果があるのか?

 

日々スキンケアをしていると、化粧品の効果は気になるところですよね。

 

中でもビタミンCは、美容に興味のない人でも、美容に良さそうな成分のイメージがあると思います。

 

つや子
つや子

食べ物でビタミンCを摂ると、効いている気がするよね。

酸味のあるものを、疲れた時に食べると、スカッとするし。

 

食事から摂取されたビタミンCは、目には見えないけれど、体内で消化し吸収され、どこかで役立っているわけです。

 

美肌さん
美肌さん
ビタミンCは必要な栄養素よね。

 

けれど、肌に塗るビタミンCは効果があるのでしょうか。

 

つや子
つや子
よく美白化粧品に、ビタミンCは配合されているけど、すぐにシミが消えるわけじゃないよね。ほんとに塗るビタミンCって肌に効果あるのかな。

 

 

肌に塗るビタミンCって効果あるの?

ビタミンC配合の化粧品を配合している化粧品などを、長く使っている人の肌は、全体的に色むらが少なく、ツヤツヤした傾向にあるそうです。

 

美肌さん
美肌さん
一人の美容皮膚科医の先生が、長年多くの人を診て実感しているそうよ。

 

「肌に塗るビタミンCのケアを続けた自分」と、「肌に塗るビタミンCのケアをしなかった自分」の、5年後・10年後を実際に比べることはできませんから、多くの人の肌を診てきたプロの客観的な意見って貴重ですね。

 

つや子
つや子
自分では効果があるかどうかわかりにくいけど、多くの人を診た肌の専門家の「意見だから、塗るビタミンCは肌にいいのかも。

 

 

美容外科でのレーザー治療のように、シミがキレイに無くなるわけではないけれど、じっくり毎日ビタミンC配合の化粧品でケアすることで、肌に良い効果が期待できるということですね。

 

 

肌に塗るビタミンCにはどんな効果が期待できるの?

できたシミを薄くする

シミの元である、メラニンの還元作用によってシミを薄くしてくれます。

 

肌のハリや弾力をアップし、シワやたるみを防ぐ

ビタミンCが、真皮にあるコラーゲンの生成を助けて、肌の弾力とハリをアップさせます。

 

毛穴やテカりを改善

ビタミンCが、皮脂の分泌をコントロールすることで、肌のテカりを押さえます。

過度の皮脂の分泌を抑えることで、毛穴の開きや毛穴のつまり、皮脂の酸化による毛穴の黒ずみ改善に役立ちます。

 

抗酸化作用

老化の原因の一つである、活性酸素を除去します。

 

どうでしょう、ビタミンCの肌へ期待できるの効果って、とても多くないですか?

特にシミにシワにたるみに毛穴など、年齢肌の悩みにしっかり対応してくれてますよね。

 

つや子
つや子
わ~っ肌に塗るビタミンC最高!!早くビタミンC配合の化粧品買いに行かないと!!

 

美肌さん
美肌さん
ちょっと待って。肌に塗るビタミンCも種類があるから、先にチェックよ。

 

 

塗るビタミンCの種類はどんなものがあるの?ビタミンC誘導体とは?

つや子
つや子
ビタミンCはビタミンCでしょ。種類なんてあるの?

 

美肌さん
美肌さん
化粧品に含まれるビタミンCには色んなものがあるのよ。

 

ビタミンC誘導体と、ビタミンCの違いは?

ビタミンCは壊れやすい成分です。

ですから、ビタミンCを化粧品にそのまま配合しても不安定で、常に思うような効果を得ることができません。

 

そこで、ビタミンCに科学的に手を加えて、肌に浸透しやすくしたものが、ビタミンC誘導体です。

 

美肌さん
美肌さん
ビタミンCに、リン酸やグルコースなどを結合させるのよ。

 

 

肌にビタミンC誘導体を塗ると、肌にある酵素によって、結合していたリン酸やグルコースと、ビタミンCが切り離されて、ビタミンCが肌に浸透していきます。

 

 

ピュアビタミンCは、酵素反応不要なので、肌への浸透速度も速いのがメリットです。

 

塗るビタミンCの種類と特徴

ピュアビタミンC(純粋ビタミンC)

  • ビタミンC誘導体ではありませんが、カプセル化してビタミンCの安定性を高めたり、肌なじみの良い成分と組み合わせて浸透しやすくし、化粧品に配合しています。
  • 一番のメリットは、即効性があること。
  • 表示成分名は、アスコルビン酸。

 

水溶性ビタミンC誘導体

  • 水に溶ける性質で、主に化粧水に配合される。
  • 比較的手ごろな価格で販売される。
  • 表示成分名は、アスコルビン酸グルコシド、リン酸アスコルビルマグネシウムなど。

 

両性ビタミンC誘導体

  • 水にも油にも溶ける性質
  • 代表的なのはAPPSで、油にもなじみやすいので、コラーゲンを生成する肌の真皮まで達するといわれている。
  • 表示成分名は、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)など。

 

油溶性ビタミンC誘導体

  • 油になじみやすいので、クリームやジェルやオイルに配合される。
  • 乾燥肌に向いている。
  • 肌へじっくりと浸透するため時間がかかるが、持続性に優れている。
  • 表示成分名は、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VCIP)、ステアリン酸アスコルビルなど。

 

 

肌に塗るビタミンC、どう選ぶ??

 

つや子
つや子
塗るビタミンCって種類がいっぱいあるね。どれを選んだらいいのかな?

 

 

美肌さん
美肌さん
肌への浸透時間と、どこまで届くかがポイントよ。

 

うっかり日焼けした時には、即効性の高いビタミンCがおすすめ

シミの元である、メラニン色素ですが、紫外線によって増えるのはもはや常識ですよね。

特に紫外線を浴びてから3日後には、多量のメラニンが生成されるのだそう。

夏場は、うっかり日焼けすると、肌が赤くなったりヒリヒリすることも。肌を冷やして炎症が落ち着くまで待つ時間も必要です。

メラニン色素が生成される前に、即効性のあるピュアビタミンCがおすすめです。

 

ちなみに肌に塗るビタミンCの肌への浸透速度は、早い順に、

ピュアビタミンC

両性ビタミンC誘導体

水溶性ビタミンC誘導体

油溶性ビタミンC誘導体

になります。

 

シワやたるみが気になるなら、しっかり浸透するビタミンC誘導体がおすすめ

シワやたるみを改善したいなら、肌の弾力やハリをアップさせる必要がありますよね。

 

肌の弾力やハリの素となっているのは、真皮にあるコラーゲンなどです。

ビタミンCには、コラーゲンなどの生成を促す働きがありますが、真皮までビタミンCが届かないと意味がありませんよね。

 

APPS(両性ビタミンC誘導体)、VCIP(油溶性ビタミンC誘導体)は真皮まで届くと言われています。

 

シワやたるみなどの悩みにはAPPSやVCIP配合の化粧品がおすすめです。

 

つや子
つや子
へ~っ、ビタミンCって、シミやシワたるみ、毛穴にも役立つ万能成分だと思ってたけど、肌の悩みによって使い分けも必要なのねえ。

 

 

 

肌に塗るビタミンC、高濃度の方がいい?医薬部外品の方が効果的?

つや子
つや子
肌に良い成分だもの。たくさん入ってた方がいいわよね。

 

理論上は、ビタミンCを高濃度に配合された方が効果はあるそうです。

けれど、濃度が高いとべたつきやきしみだけでなく、ピリピリと刺激を感じることがあるそう。

 

つや子
つや子
じゃあ、効果が高そうな医薬部外品は注意が必要ってこと??

 

美肌さん
美肌さん
医薬部外品=ビタミンC高濃度ってわけじゃないのよ。

 

医薬部外品へのビタミンC配合上限は3%と法律で決められています。

 

ところが、化粧品には配合上限が定められていない為、3%を超えるものもあります。

特にドクターズコスメと言われるものは、5~6%ビタミンCを配合している化粧品が中心です。

 

肌に塗るビタミンCは、カプセル化したり、肌への刺激がないよう改良されてはいますが、5~10%以上の高濃度のものは、自分の肌に合うか、注意深く試してから使うのがおすすめです。

 

 

 

味噌がシミに効果的って知ってましたか?

 

味噌は発酵食品で、なんとなくからだに良さそうというイメージがありますよね。

でも、イメージだけじゃないんです。肌老化が気になる40代に、驚きのアンチエイジング効果があるんですよ。

この記事の続きを読む

ホームPage 1 / 11