「若いころは、着たい服を着ていたけれど、歳を重ねると、何を着ていいのかわからない」

 

これは、私のまわりでよく聞く話ですが、共感頂ける方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

若いころと同じようなものを選ぶと、どうもしっくりこない。

だからといって、40代をターゲットにしたブランドは値段が高い。

 

手ごろな価格で、若作りしすぎず、でも若々しく・・・

 

そりゃそんなこと考えていたら、着るものに困ってしまいますよね。

 

で、ついつい落ち着いたカラーの服ばかり選んでませんか?

 

おどろいたことに、肌も色を認識しているそうで、そのチョイスが老ける原因になるかもしれませんよ。

 

だからって、派手な色はちょっと・・・という方、大丈夫です。

 

色の持つ効果は侮れない、明るい色で若々しく

明るい色の服を着ていると、気分も明るくなって、若々しくなる。

 

つや子
つや子
まぁ、よく聞くよね、そういう話。

 

美肌さん
美肌さん
でも、バカにはできないのよ。

 

色が人の感情や行動に与える効果って、意外と大きいものです。

 

赤色は興奮を呼び、活力を与える色です。

一方、青色は冷静になれる色、緑色はリラックス効果があるといわれていますよね。

 

わかりやすいところで言えば、食欲。

ホカホカのご飯は、食欲をそそります。

でも、青いご飯だったらどうでしょう。

たとえ、味が同じだったとしても、食べたいな~、美味しそうだな~って気持ちには、なりにくいのではないでしょうか。

 

色がちがうだけで、人の行動は変わってくるわけですね。

 

ここで、簡単に色の持つ心理的な効果をご紹介します。

 

赤色

活力、情熱、興奮、怒り

元気が欲しい、やる気を出したいときなどに強いエネルギーをもたらす。

交感神経を刺激し、脈拍や体温の上昇。

 

ピンク色

恋愛、幸せ、思いやり

ホルモンバランスを整える

 

黄色

希望、喜び

集中力アップ

 

緑色

安心、癒し、安定

緊張をほぐし、リラックス効果がある

 

青色

冷静、爽快感

鎮静作用があり、精神を落ち着かせる

 

紫色

優雅、高貴

集中力アップ

 

黒色

力強さ、高級感

威圧感を与える

 

白色

純真、純潔

過去をリセット

 

落ち着いた色にもいいところはありますが、明るい色の方が、活発で元気になる心理的作用があるようです。

 

気持ちが元気であれば、行動も変わってきますよね。

外に出て、体を動かしたくなるかもしれませんし、おしゃれして買い物に出かけたくなるかもしれません。

そうなると、運動量も増えますから、体系維持にも繋がりますし、肌にも良い影響があるはずです。

結果的に明るい色の服を着ることは、若々しさを保つことに役立つということです。

 

いつまでも若々しくいたい。ベストな色は?

若さを保つのに役立つベストな色はピンクだそうです。

 

つや子
つや子
ピンクって恋愛運アップっていうイメージが強いね。

 

結婚してから、「恋愛運アップ」というフレーズに、興味が無くなった女性も多いのではないでしょうか。

ピンク=恋愛運というイメージが強いですが、それだけではありません。

 

ピンクは、幸せな気持ちや、やさしい気持ちにさせるだけでなく、女性ホルモンの分泌を助けてくれるのだそうです。

 

女性ホルモンは肌にハリを与えたり、女性らしい体を作るのに役立つものです。

加齢によって、女性ホルモンは減っていくものですよね。

その女性ホルモンの分泌を、助けてくれるのは嬉しい限りです。

 

色を見ているのは目だけじゃない。実は肌も色を感じている。

おどろくことに、目だけではなく、肌も色を感じていることがわかっています。

 

つや子
つや子
えっ?肌で色がわかるっていうの???

 

人間の目の網膜には、光の色や明暗を感じ取るタンパク質(オプシン、ロドプシン)が存在します。

それと同じたんぱく質が、肌にも存在しているのです。

 

つや子
つや子
だからって、肌が色を区別できるのかな?

 

角層にはバリア機能がありますよね。

バリア機能が、正常に働いている状態を100とします。

バリア機能がこわれてしまった状態を0とします。

 

この0の状態を、暗いところに置いておくと、24時間で再び100に戻ります。

 

バリア機能がこわれたあと、

  • 1時間だけい光にあてた→暗いところに置いた場合より、回復が早くなった
  • 1時間だけい光にあてた→暗いところに置いた場合より、回復が遅くなった
  • 1時間だけ白い光にあてた→暗いところに置いた場合と変わらない
  • 1時間だけの光にあてた→暗いところに置いた場合と変わらない

 

このように、赤い光にあてると、バリア機能の回復は早まり、青い光にあてると、回復が遅くなったという実験結果もあるようです。

 

目をつぶって、脳で何色かを判断することはできないけれど、肌は独自で色を感じ、影響を受けているということになりますね。

 

 

明るい色で若返るといわれても、明るい服を選ぶ勇気が出ないという方へ

つや子
つや子
う~ん、いきなり明るい色の服って言われても、勇気がいるね。特にピンクって可愛らしいから、おばちゃんちょっと無理・・・

 

今まで、地味な落ち着いた色の服を着ている人にとって、急に明るい色の服を選ぶのは、なかなか勇気がいりますね。

 

そんな方に、明るい服を選ぶために、できることを考えてみました。

 

パーソナルカラー診断などで似合う色を知る

プロの診断士の方に見てもらうのが、一番いいのですが、本やネットでも大まかな診断はできますね。

もちろん好みの色とはちがうこともありますが、客観的に見て似合う色を、知っておくことは大切です。

 

今まで、落ち着いた色の服を着ていたのが、急に明るい色の服を着れば、違和感があるのは当たり前ですよね。

そこで「やっぱ変かも・・・」と思うと、おそらくその服は、着ることが無くなります。

 

でも、客観的に似合う色だとすれば、「今は見慣れていないだけ」と思えるのではないでしょうか。

着ているうちに、慣れてくるでしょうし、客観的に似合う色なら、きっと周りの人の評判もいいはず。

 

「春」に便乗する

秋冬は、シックな落ち着いた色の服が多いですよね。

でも、春になると一気に明るい色の服が、店に並びます。

当然、明るい色の服を着ている人も増えますね。そこに、便乗してしまうのです。

多くの人が、落ち着いた色の服を着る中で、自分だけ明るい色の服を着るよりは、ハードルが下がるのではないでしょうか。

 

そんなに人の服の色なんて気にしないし、覚えていない

そもそも、明るい色の服を着る勇気が出ないのは、周りの目が気になるからではないでしょうか?

 

変じゃないかな?(って他人に思われてないかな?)

そんなことが、頭をよぎるのだと思います。

 

でも、案外他人の服の色なんて、気にしていないし、覚えてないもんです。

 

それでも明るい色の服は無理って人には、ピンクの呼吸法

いくらピンクが若さを保つのに良い色といっても、私にとってはハードルが高いです。

ここ10年、私の私物でピンクの物って、多分ありません。

 

そんなピンクと距離をとってきた方に、おすすめなのが、ピンクの呼吸法。

 

 

つや子
つや子
ん?ピンクの呼吸法って??

 

美肌さん
美肌さん
ピンクの空気を吸うのよ。
つや子
つや子
意味わからん! 

 

ピンクの呼吸法というのは、ピンクをイメージして呼吸することで、若返り美しくなるというもの。

 

実際に外国人女性が、この呼吸法で、20歳も若く見られるようになったんだとか。

 

ピンクの呼吸法のやり方

  1. 体の中の、悪い毒素を吐き出すイメージで、息を吐く。
  2. ピンクをイメージしながら息を吸い、ピンクの空気で体が包まれていることをイメージする。
  3. ゆっくり息を吐く。

これを繰り返します。簡単です。

 

サクラなど、ピンクの花に囲まれているのをイメージすると、気分もいいですよね。

 

 

そんなことホントにあるの??って話ですが、イメージって大事だと思っていますし、できることは、やっていこうというスタンスです。

これで、キレイになれるなら儲けもんです。

 

ゆっくり意識して呼吸をすることは、気持ちを落ち着かせ、ストレスにも効果があるので、やってみて損は無いはずです。

 

つや子
つや子
お金もかからないです。